ランサーズにて認定ランサーになりました。認定ランサーになるコツとは【フリーランス日記】

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

先日、ランサーズからメールが来て「認定ランサー」というものになりました。

なんか、実績・評価の横に金色で「認定」とか書いてあって、ちょっとかっこいい感じです。

でもそもそも認定ランサーとはなんでしょうか。ちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

認定ランサーとは

認定ランサーとは何か。いきなりランサーズのサイトから引用してみます。

「認定ランサー」とは、ランサーズに登録しているプロの中から、
ランサーズが定める基準をすべて満たしたランサーのことです。

認定ランサーは、返信速度・納品実績・獲得額・高評価などの条件を満たしています。

認定ランサーとは:Lancers

なんか、大それた感じ……。わりとちゃらんぽらんなんだけど、こんなのに認められていいのか。

具体的な要項は、

・メッセージ返信率が80%以上
・納品完了率が90%以上
・獲得額が上位20%以上(月単位?)
・クライアントからの評価が4.8以上
・認証済み(本人確認書類や機密保持確認)

みたいな感じになっているようです。

認定ランサーのメリット

認定ランサーなると、どういったメリットがあるのかというと、今はまだよく分かりません。

しかし、クライアントからすると、ある一定の水準を満たしたランサーだという指標にはなるはずですから、クライアントの依頼に対する、「私とかどうすか?」という提案が採用されやすくなるかもしれません。

認定ランサーのデメリット

デメリットというほどでもないのかもしれませんが、認定ランサーになると、クライアントに提案を選んでいただいた時にクライアント側に「認定ランサー指名料」として50円追加料金が発生します。

もしかしたら、これで認定ランサーの提案を避けてしまうクライアントもいるかもしれません。

ただ、ここで躊躇するクライアントはあまりいないように思いますので、問題はないと思います。

認定ランサーになる方法

要項は上記とおりなのですが、結局、「メッセージのやり取りを早くする」のが一番だと思います。

連絡がすぐに取れるということはクライアントにとって大きな満足に繋がるので、メッセージに早く返信していれば自ずとクライアントの評価も上がります。

納品率に関しては納品していればいいわけで、報酬額もやり続ければ自ずと到達すると思います。

まとめ

認定ランサーについて、まだよく分かっていませんが、なんだか箔がついたような気がします。

認定ランサーは一定期間で審査があるようなので、その時に落っこちないように仕事を頑張ろうと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。