私にはブルマが必要なたった一つの理由

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

ドラゴンボール関連の記事が読まれている事に味をしめています。

【ドラゴンボール関連記事】

書いている時に楽しんでいる記事が読まれるのはとても嬉しいものです。

そんなわけで、今私に必要なのは「ブルマ」です。ブルマを欲しています。

スポンサードリンク

自分の戦闘力が知りたい

最近、こんな依頼をいただくことが増えました。

「◯月◯日が納期なのですが、それまでに何記事書けますか?」

案件はたくさんあるので、自分のできる限り引き受けてほしいよ〜という、大変ありがたい依頼です。

しかしある意味でとても難しい依頼でもあります。

納期は絶対に破るわけにはいきませんから、何記事書けるかシビアに判断しなければならない。そしてそれには、己の戦闘力を正確に把握することが大事なのです。

ブルマァああああ! スカウター作ってくれ!

そんなわけで、私にはスカウターが必要です。戦闘力測るやつ。

今、自分の戦闘力が全然わからなくて、納品数の設定がうまくできていません。

具体的にお話しすると、納期のかなり前に納品が終わってしまうのです。もちろんそれはいいことなのですが、すぐに追加をいただけない場合、その分時間が余ってしまう。

時間が余ったからと言って

「ウェーーーイ! タコパしようぜええええ!!」

となるわけではなく

「仕事ぉぉぉぉぉおおおぉ! 仕事をください!!!」

ってなります。

ですので、納期に間に合うけど、自分のできる最大限、もしくは最大限をちょっと超える記事数を把握したい。

そのためにはスカウターで自分の戦闘力を知る必要があります。

悟空に
「おめぇ強くなったなぁ」
とか言われるととても嬉しいのですが、数値として把握したい。

そしてその数値と納期を照らし合わせてベストな記事数を提案する能力が欲しい。

そして、スカウターが作れるのはブルマだけです。ですから、早くブルマに会いたい。

「ブルマ求ム」
という変態っぽい状況なのです。

まとめ

自分の力量を正確に把握したいです。

納期を破らないためにはかなりの慎重さが求められます。ですので、いつも自分ができる量よりかなり少数で受注してしまいます。

もちろん、記事が少なければそれだけ稼げる額も減ってしまいます。

そして「仕事がない」というのはかなり怖い状況なので、できれば避けたいところです。

そんなわけで、スカウターを作ってもらいたいなぁとそんなことを思っているのでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。