会社員は週末こそ本気で過ごすべき

平日の朝は「会社に行きたくない・・・・・・」と死にそうな顔をしながら嘆いているのに、金曜の夜や週末になるとケロっとしている人いますよね。

挙げ句の果てには「会社員も悪くない」とか思ってしまう。

本当にそう思っているのならいいのですが、そうでないのなら、また月曜日から地獄に逆戻りですよ。

スポンサードリンク

会社員の生産性を下げる原因

普段我々会社員は、周りの取引先や同僚の目に晒されながら仕事をしています。

それが少なからずプレッシャーになる。

組織で働く事のマイナスポイントはそんな所にもあります。

だから、「自分はこうしたい!」というような意見があっても、発表できずにため込んでしまったり、不満あっても口に出せなかったりして疲弊していく。

これこそが、会社員として仕事をする上で一番のデメリットです。

そんな状況では、生産性も下がろうというものです。

逆にそういった事が一切気にならない、むしろプラスに働く!という人は会社員に向いていると言えるでしょう。


生産性が最も高まる時とは

月曜日から金曜日まで働いて土日休みという人を例にとると、金曜日の夜から土曜日にかけては100%自分の為だけに使える時間です。

作業や読書に没頭してしまっても
あっ明日会社だからもう寝ないと!
とならない。いくら没頭しても良いのです。

有限ですが、時間は余りあるほどあるし、残りを気にしなくても良い。

この状態こそが重要なのです。

・時間を気にしないでいい

この状況でこそ人はなにかに没頭でき、楽しむ事ができ、100%の力を発揮できるのです。

そしてできれば一人でいられる事が望ましいです。

・時間を気にしなくていい
・一人で没頭できる

この状況が作れれば、あなたの生産性は極限まで高まります。

金曜の夜と土曜日こそ真剣に

平日の何倍も力を発揮できる週末の時間。

その時間を、飲み会や暴飲暴食、自堕落な過ごし方で潰してしまうのは本当にもったいないです。

今日から、金曜の夜と土曜日の過ごし方、ちょっと真面目に考えてみませんか。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。