休む時は休める人間になりたい

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

私は休むのがへたです。休日などで休む時間ができても、「さぁて、休もっかな!」と思うことができません。

時間があったらやりたいことや、やらなきゃいけないと思っていることが無限にあります。

ですので、時間ができると「あーあれもやんなきゃ! これもやろう!」となんだか忙しくなってしまいます。

でも、休む時はきちんと休んだ方が良いと思っています。

スポンサードリンク

実家の良さ

そんな私がきちんと休める数少ないスポット。それが実家です。

なぜ実家だとゆっくり休めるのでしょう。

実家に帰ると家事をする必要がありませんので、ゆっくりできるという意味合いも、もちろんあります。

しかしそれ以上に重要なのが、「できることが制限される」ことです。

実家には自分のPCもありませんし、自分のビデオデッキもありません。

ですから、ちょっとした空き時間にPCでなにかすることもできませんし、録画した番組を観ることもできません。

ちょっと時間が空いたら、適当にゴロゴロしてスマホをいじるくらいのことしかできません。

自分の家にいると、私にはこのゴロゴロができないのです。

自分の家でゴロゴロしていると、なんだか焦って飛び起きてしまうのです。

ですが、実家では飛び起きてもなにもできることがありませんので、心置きなくゴロつける。

これが私にとってとても重要なようです。

休まないと息切れする

私の場合、このように日常的に休むことが下手で、ずるずるとなにか動き続けて日々を過ごしています。

そうすると、ある時突然、糸がぷっつりと切れます。突然なにもやる気が起きなくなるのです。

多分、日々の忙しさに脳と体がショートしてしまうのだと思います。

ですから、そうならないためにもきちんと休む時は休むことが重要です。

時にはなにもせずにただただ時間だけが過ぎていく。そんなゆったりとした時間をなんとか創りだせないかなと思っています。

まとめ

私は休むのがへたです。いつもなにかに追われています。

しかし、そういう生活を続けると、いつかぷつんと糸が切れていまいます。

そうならないように、きちんとぼーっとする時間とかただゴロゴロする時間を作らなければいけないよね。

そんなお話でした!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。