お尻を狩りに来るウォシュレットについて

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

ウォシュレットってありますよね。

例の

「尻ぐらい自分で拭けやぁ……w」

って思ってたけど使ってみたら案外よかったやつ。

便器のどこかから管が出てきて、ビーーーーーっと尻を洗浄するやつです。

あれは、過敏性腸症候群の私にとっては大変ありがたい機能です。

なにしろ、過敏性腸症候群というのはとてもお尻を拭く病気ですから、拭かなくてすむならそれに越したことはない。

しかし、そんなウォシュレットですが

「こいつぁ駄目だぜ!」

というタイプのものが存在します。尻を狩りに来るタイプのものです。

スポンサードリンク

地方都市とかのやつ

たまに、えらい勢いでウォシュレットが出る時がありますよね。

「うわぁああああぁああ! 体が持ち上がるぅ!」

っていうやつです。洗浄というよりも攻撃、という感じのやつ。

私の経験上、あれらは地方都市や、東京都心からやや離れたちょっと栄えている街などにあります。

都会のものだと、水流調節機能がきちんとついており、そもそもMAXにしてもそこまで水流が強くない可能性が高い。

また、それ以外の場所ではそもそもウォシュレットが存在しない。

厄介なのは、「ちょっとだけ栄えてますよ」という場所です。ここに、彼らは生息する。

水流調節機能がない

彼らの大きな特徴として、水流調節機能がないことがあげられます。

「おしり」

のボタンを押した途端、喜び勇んで管が現れ、最大出力で攻めてくる。

「あぁあうわぁあ!」

という叫びと共に「止」ボタンを押すと去っていく。俊足のスナイパー。

あれ、絶対「尻を洗う」というレベルじゃなくて「内部から破壊する」という意識の基、設計されていますよね。

あんなに強くする場面があるとは思えない。

絶対ない!(憤怒)

水流調節機能がない場合は用心しよう

とにかく、彼らに出会っても落ち着いて対処するためには、事前の心構えが大事だ。

そのためには、「水流調節機能がないウォシュレットの場合警戒する」というメソッドが有効だと思う。

事前に分かっていれば、すぐに「止」ボタンを押せばいいだけだ。「止」ボタンに手を添えておくことができる。

まとめ

尻を狩りに来るウォシュレットってありますよね。

あの、尋常じゃなく水流が強いやつ。

あれ本当怖いですよね。実在する分だけおばけの数倍怖い。

とにかく、彼らのアタックを防ぐためにいつでも「止」ボタンに手を添えておきましょう。

そして、水流調節機能のないウォシュレットは疑いましょう。曇りなき眼で見つめ、見定めるのです。

終わります。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。