【ブログ初心者用】最新のアクセス数と、昔運営していたブログの話

(この画像の得体の知れなさが気に入ってよく使うのですが、未だに得体は知れません)

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

私は、1日に何回かGoogle Analyticsでこのブログのアクセス数を確認しています。

それによって、以前書いた土日とのアクセス数の違いなど、いろいろ見えてくるものがあります。

参考記事

このブログの土日のアクセスがなぜ壊滅的なのかを考えてみる
どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。 このブログは、平日のアクセスと土日祝日などの休日のアクセスの差がものすごいです。 土日のアクセスがも...

そんな中で、最近よく考えることがあります。ブログ論的な話です。

スポンサードリンク

最新のアクセス数

最近、このブログは1日に約130人くらいの人に訪れていただいて、全員分を合算すると250ページくらい読んでいただいています。

月に換算すると大体6,000PV以上は行くかな? という数値です。

この数値って、見る人にとって感想は変わってくると思うけど、弱小も弱小のブログだと思います。

特に、ブログでなにがしかの収入を得たいと思っているのならば、この5倍あってもまだまだ足りないような、そんな状況です。

このブログを開設したのが去年の11月ですから、ほぼ一年経って、ほぼ毎日記事を更新して、この数値というわけです。

もちろん、毎日更新にこだわっていて各記事のクオリティが担保できていない状況にあったり、オピニオン系の記事ばかりだったりするのでアクセス数が伸びていかないのだと思いますが、この数値はブログ界隈から見るとかなり低いと言わざるをえないと思います。

昔のブログの話

実はこのブログを開設する前、FC2の無料ブログでブログを運営していました。

内容としては自分のエッセー的な内容で、今よりもっと自由なことを書くブログで、一応Adsenseぐらいは貼って収入も増えたらいいな、なんて考えているブログでした。

その時は毎日更新もしていませんでしたし、検索流入を意識した記事を一生懸命作ったりもしていませんでした。

あくまで日記的な内容で、たまにamazonアソシエイトで商品を紹介してみる、というようなそんなスタンスのブログでした。

そしてその時のアクセス数が、大体1日に3PVとかでした。半年くらい運営していて、最終的にも多分1日8PVとかでした。

そして、実はそれでも「このブログすごいな!」と考えていたのです。

以前から何回か書いていますが、私は学生の頃からこういった文をずっと書いていました。

そして、無料のブログに貼り付けたり、mixiで公開して友達に読んでもらったりしていました。

そういう時、1日に読んでくれる人はせいぜい1人か2人とかでした。しかも、全員友達などの身内。

ですから、たとえ「8PV」であっても、全然知らない人が読んでくれている可能性があるだけでビックリぽんや! という状況だったわけです。

今のアクセス数は異次元的

そんなわけですから、今の250PVというのは、訳がわからない数値なのです。はっきり言ってアメリカンドリームです。

数々のブログ本を読み、ブログは書けば書くほどアクセス数が上がっていくなんてことを読んで、「まずは一ヶ月1万PVを目指そう!」みたいなとてつもないことを簡単に言われて「ふざけんなや!」と思っていた頃には考えられない状況です。

いつもは、朝起きて眠くて仕方ない状況の中、気軽におならとかをブッ! ってやりながら書いているこのブログですが、ふと、1日に100人を越す人が読んでくれているということを思い出して「嘘やろ!?」ってなっています。

100人って、イナバ物置のCMに出ている人の数でしょ!?

1、2、3、4、5……えっ100人!?

とか、いちいち驚いています。

もう嬉しくて仕方がないのです。

つまりなにが言いたいのかというと、

・いつも読んでくださってありがとうございます

・ブログを始める前の人は、アクセス数の上昇についてかなり低く見ておくと良い

ということなのでした。

まとめ

1日に130人くらいの人に訪れていただくというのは、本当にすごいことだと思います。

毎日更新しているオピニオン的記事ですら、15人くらいの人が読んでくれている。

mixiで「今日のちょっと落ち込んだ気持ち☆」みたいなブログを更新していた頃には考えられない数値です。

これからブログを始める! という方には、ぜひとても低い目標から始めていただきたいと思っていて、それが継続の秘訣だと思います。

とはいえもちろん、上手にやればもっともっとアクセス数は伸びていきやすいと思いますので、希望も持っていただきたいと思います。

そんな感じです!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。