仕事上、メールの返信は早い方が良い理由を再確認してみる

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

「メールや電話はなるべく早く返せ」

これは、もしかしたら一番はじめに習うビジネスマナーかもしれませんね。

私生活でもメールや電話はどちらかというと早く返した方が良いので、まぁこれは常識の範囲内という話でもあるのですが、ビジネスでは特に、早く返信をした方が良いと思います。

それはなぜか。理由を改めて考えてみました。

スポンサードリンク

返信が早い=信頼できる

返信がどれだけ早いか、ということは、そっくりそのまま信頼度につながります。

こちらからメールで連絡をして、すぐに返事をくれる人と、一日以上は必ずかかる人、どちらがビジネスパートナーとして信頼できますか?

絶対、後者ですよね。

ですから、すぐに返信できない内容でも

「メール確認しました。検討して折り返し、いついつまでにご連絡します!」

という返事だけでも早く打つべきなのです。

メールの返信が早い=取引がしやすい相手

クライアントにスケジュールの変更を願い出たい場合、その旨のメールを送って、2時間で返信がくる人と、返事までに一日かかるひとがいたら、あなたならどちらの人と仕事をしたいと思うでしょうか。

私はすぐに返信をくれる人の方が良いです。なにしろ、自分が仕事しやすい。

メールをすぐ返してくれる人は、なにかがあった際にもすぐに対応してくれそうな気がします。なんというか、自分への関心度が高い気がする、と言いますか。

ですから、なんとしても取引を続けたい相手には、仕事のクオリティを上げることはもちろんですが、メールの返信もできるだけ早くするようにしてみると良いと思います。

これって、案外見落としがちな大切なポイントだと思います。

まとめ

メールが早く返ってくるというのは、それだけ自分への関心度が高い現れだと思います。

それだけで、相手の信頼度は高まることになります。

例え、それが内容としては答えになっていないものでも、とりあえずメールが返ってきたというだけで相手は安心するものです。

ですから、これからもずっと取引を続けていきたい相手には特に、メールの返信を早くすることを心がけてみてはいかがでしょうか。

今日はこんな感じでした!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。