「まぁ、仕事だからね」は使い方を気をつけたい言葉

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

「まぁ、仕事だからね」

という言葉があります。

使い方としては

「すごく頑張ってるねぇ〜」

「まぁ、仕事だからね」

「こんなの耐えられるなんてすごいねぇ〜」

「まぁ、仕事だからね」

こんな感じです。

この「まぁ、仕事だからね」という言葉、使い方に気をつけたいと思っています。

スポンサードリンク

自分に使うと謙遜になる

「まぁ、仕事だからね」は、自分に使うと謙遜になります。

謙遜とは、「いやぁ〜そんなことないっすよぉ」と照れ隠しにいうことみたいな感じです。

例えば

「うわぁ、タイピンク早いねぇ〜」

などと言われたとして

「まぁ、仕事だからね」

と返す、みたいな感じである。

「まぁ、仕事だからね」は自分に向けて使うと謙遜になり、こちらはそんなに使い方として間違っていないかなと思います。

他人を落とそうとする言葉

「まぁ、仕事だからね」の使い方で注意が必要なのは、他人に向かって使う時。

「この俳優、撮影のために20kg痩せたんだって!」

「まぁ、仕事だからね」

このように使うと、なんだか他人を落として優位に立とうとしているような感じになる。

「人前で裸同然の姿になって、熱湯に入るなんてすごいね」

「まぁ、仕事だからね」

というような感じ。

ある意味、この「まぁ、仕事だからね」は思考停止の言葉であるような気もする。

なにかについて、すごいなぁ! という感想を持ったとしても、「仕事だからそれぐらい当然でしょ」という結論で片付けてしまうのである。

これはいけない。

すごいことには「すごい!」と思えないと、それは完全にじじい化の始まりだと思う。

「すごい!」と思えることがあれば「自分も見習いたいなぁ!」と成長を目指すきっかけになるかもしれない。

でも、「まぁ、仕事だからね」で片付けてしまうと、それはつまらない感情になってしまう。

私は結構、この「まぁ、仕事だからね」を他人に向けて多用しがちで、とても悪い癖だなと思っています。

仕事だろうがなんだろうがすごい! そういう風に思えるようになろうと思っています。

まとめ

「まぁ、仕事だからね」は、自分に使うと謙遜になり、他人に使うと他人を貶める言葉になります。

すごいのは間違いないのに「まぁ、仕事だからね」で片付けてしまう。

そうではなくて、すごいことは「すごい!」と素直に言える人間になりたいと思っています。

終わります。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。