仕事に必要なたった一つの力

仕事ができるようになるには、様々なスキルや考え方が必要だとされています。
しかし、最近、そういったスキルや考え方というのは、結局ある一つの力に集約されると気が付きました。

スポンサードリンク

共感力

共感力とは、「相手の気持ちが分かる」事。

この場合「相手」とは、「同僚」や「上司」そして「顧客」です。

では、共感力がどのように仕事に役立つのか見てみましょう。

「同僚」への共感力

同僚の気持ちにあなたが共感する事ができれば

「きっとあいつは今こんな事を思っているな」

と悟る事ができる。

そうやって同僚の気持ちが分かれば、ではどうすればその同僚を助けられるかが分かる。
あとは、それに則って行動するだけ。

そういった行動を続ける事で、同僚の中で

「こいつは自分の事を助けてくれる! なんて仕事のできるやつだ!」

と自分の評価が高まり、「仕事ができる人間」になる事ができる。

「上司」への共感力

上司へ共感力を発揮し、上司が感じている事が分かれば
「では、どうすれば上司を満足させられるか
が分かる。

それさえ分かれば、あとはその行動をするだけです。

そういった行動を続ける中で、上司の中であなたは
仕事のできる部下
になる。

「顧客」への共感力

そしてこれが最重要ですが、「顧客」の気持ちが分かれば
「ではそこにどうアプローチすれば喜んでもらえるか
が分かる。

そしてその過程で自社の製品やサービスを提供する。

そうすれば、顧客からは
「あの人は自分の事がよくわかっている」
と信頼され、会社からは
「商品やサービスをよく売る社員」
として文句なしの「できる社員」と見られる事になるでしょう。

  

仕事ができるようになる力の正体

上記のように、共感力があれば、どんな仕事でもうまく行きます。
まず、「相手の立場になって考える」練習を今日からやってみてください。

そうすれば自ずと共感力も身についていくはずです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。