【ブログ運営】ブログ開設一年目にして後悔していること3つ

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

そろそろこのブログを開設して一年が経とうとしています。

この間、自分では精一杯ブログと向き合ってきたつもりですが、やはり結果論として「こうしときゃーよかったなぁ」と思うこともあります。

そのうちいくつかはこれからやっていこうと思っている部分でもあり、もしかしたら「今からブログ始めよう!」と思っている人の参考にもなるかもしれないなぁと思っているので書いてみます。

スポンサードリンク

検索流入を意識した記事を量産すればよかった

まずはこれですね。

ブログを一年運営してきてつくづく思うのは、ブログのアクセス数を伸ばすのは検索によるアクセスだということ。

もちろん、オピニオン系(つまり自分の主張とか)の記事でもちょっと尖った内容であればみんな短期的には読みに来てくれるのだけれど、それはほんの一瞬の出来事で、一週間もすれば誰も読まなくなる。

だけど、検索流入を意識した記事を書けば、その記事はずーーーっとアクセスを稼いでくれてそれがブログ全体のアクセス数を引き上げる。

そういう観点で言えば今書いているこの記事もあまりよくない記事ということになるのだけど、検索流入を意識した記事は書くのが大変なので、やはり今後の課題として考えている部分でもあります。

カテゴリ分けをちゃんとしておけばよかった

これはブログを読んでくださっている読者向けの後悔ですが、もっとカテゴリ分けをきちんとしておけばよかったなと思っています。

今、ある程度記事が溜まっている段階ですが、結構カテゴリ分けが適当です。

ですから、なんとなくどのカテゴリに分けていいのかわからないものは全て「その場のテンション」に入れてしまっています。

しかしよくよく思い返してみるとカテゴリを作っておけばよかったなぁという話題がいくつもあります。「フリーライター」とか。

これはもちろん今後の修正ポイントなのですが、まだ面倒臭がってやっていません。でも、そうしている間にも記事は溜まっていくわけで、どんどん面倒臭さが増しています。

そうなるのであれば、初めの頃にとりあえずカテゴリ量産してしまって、あまりないカテゴリは統合していくやり方の方が楽だったんではないか。

そんな後悔はちょっとあります。

サブブログを作ってみればよかった

このブログはレンタルサーバー+Wordpressという割とスタンダードな方法で運営していますが、はてなブログ、Livedoorblogなどの無料ブログでもサブブログを作っておけばよかったかなとちょっと後悔しています。

実はある時、私より全然ブログ歴の長いベテランの方から「たぶん、Wordpressじゃなかったらもっとアクセス増えている」と言っていただいたことがあります。

WordPressは、先に紹介した無料ブログに比べてどうしても検索に弱く、特に開設したての頃は検索によるアクセスを伸ばすのが至難の技です。

しかし、その分無料ブログのように突然ブログが削除されるといった壊滅的な事故は起きにくいというメリットはあるのですが、とはいえ無料ブログでもサブブログを作って、そことのアクセス数の伸びを比較してから本命をどうするか検証してみてもよかったかなとは思っています。

まぁその分労力はかなりかかるので、どちらがよかったのかは曖昧なところですが、実験としてやってみてもよかったのかなとは思っています。

まとめ

ブログ開設一年目を前にして、後悔していることを書いてみました。

これからブログを始めようとしている人なんかの参考になれば良いなぁと思っています。

このブログは単なる日記系のブログではなく、収入源として育てていきたいブログなので、まだまだ改善点はあります。

というか改善点だらけですね。

それは面白いことですが、頑張らなければなぁと思っています。

そんなところでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。