ライターの提供できる付加価値はライティングの中身だけじゃない

どうも、やめたろー(@kaishayametarou)です。

「いい仕事」の考え方にはいろいろありますが、その内の一つに「付加価値のある仕事」があげられると思います。

「付加価値のある仕事」とはどんな仕事かというと、一言で言えば「クライアントに求められた以上の仕事」です。

クライアントが指定してきたキーワードがあったとして、そのキーワードからさらに関連するキーワードを割り出し、そのことについてもライティングして原稿に含める、とか、「インターネットで調べた情報で書いてください」と言われたけど実際に出向いて写真を撮ってきたり、出向いて調べた内容を原稿に追加したり。

そういった、「ライティングの内容」で付加価値を提供することがライターにとっては何より大切だと思っていますし、常に心がけていきたいなと思っております。

しかし、先日ふと思い立ってライティング内容以外の付加価値を提供してみたところ、クライアントさんにとても喜んでもらえたので、それもアリなんじゃないかと思って書き残しておきます。

スポンサードリンク

ライティング内容以外の付加価値

先日、ランサーズ上で、あるプロジェクトに提案をしました。

単価も良さそうだったし、依頼の詳細を見る限りきちんとした法人のクライアントさんのようだったので是非仕事がしたいなぁと思い、提案をしました。

私はクライアントに提案する時、クライアントさんの評価率なども確認をするようにしています。

その人がこれまでどういう発注をしてきたのかがわかるからです。

しかしそのクライアントさんはどうやら今回が初めてのプロジェクト募集のようで、まだ評価はありませんでした。

通常、初めての方で評価がまったくないと警戒をするのですが、そのクライアントさんはどう見てもしっかりとしているし、テーマも挑戦してみたいテーマだったので、提案をしてみたのです。

そして、提案文を作成する時に、ふと思い立って以下の内容を入れてみました。

最後になりますが、ランサーズでプロジェクト募集されるのは初めてだとお見受けしますが、もしなにかお手伝いできることがあればお申し付けください(ランサーズの使い方など)
私でお力になれることがあれば、微力ながら協力させていただきます。

もしかしたらランサーズの使い方とか不慣れだったりするのかな? と思い本当に何気なく入れた一言だったのですが、クライアントさんからいただいたメッセージには感謝の言葉が綴られていました。

そして実際にランサーズの使い方でわからないところがあったようなので、アドバイスをさせていただきました。(クライアントとして発注をしたことがないので、ヘルプとかで調べてお伝えしただけですが)

こちらの案件が「採用されました!」だとブログ記事としてかっこいいのですが、こちらはまだ選定中です。

しかし、今回の出来事で「ライティング内容以外でも付加価値は提供できるかもな」と感じました。

その他の付加価値

今回の件では、ランサーズを一年近く使っているという経験から、「ランサーズの使い方について教える」という付加価値をつけてみましたが、他にもライティング内容以外の付加価値のつけ方はあると思います。

納品が早い

例えば、ライティング内容はクライアントから指定された通りのものだったとしても、圧倒的に納品が早かったらそれは付加価値になると思います。

「一週間後が締め切りです」と言われたのに二日後には納品できていたら、感謝こそされ、クライアントにとってデメリットはないと思います。

ですから、「納品が早い」というのも付加価値の一つだと思います。

すぐ連絡がつく

仕事をする上で、メッセージやメールのやり取りをする場面というのは多々あると思いますが、そのレスポンス速度がとても早い、というのは付加価値になると思います。

たとえ、ライティングスキルが少し低くても、修正依頼をしたらすぐ返信があるというのは、クライアントにとって安心につながると思います。

・ライティング能力は高いけど、修正に関してすぐに返信をくれないライター

・ライティング能力は低いけど、修正に関してすぐ返信をくれるライター

がいたら後者の方が私は良いライターだと思いますし、きっと将来的には良いパートナーになれると思います。

ライティング能力はトレーニングによって向上していきますし、仕事をたくさんすることでライターとクライアントの納品物に対する認識のズレはどんどん少なくなっていくと思うからです。

今のところ思いつくのはこの二つくらいですが、他にもありそうです。考えてみようと思います。

「出過ぎた真似」にならないように

最後に、注意したいなと思っていることですが、決して「出過ぎた真似」にはならないようにしようと思っています。

納品が早いことやメッセージが早いことは出過ぎた真似になることはないと思いますが、最初の「ランサーズの使い方」などはもしかしたら出すぎた真似になる可能性があります。

クライアントにとってありがた迷惑になってしまったら元も子もありません。

最初の例ですと

「良いランサーを知ってるので、もしなら発注作業も任せていただければやりますよ。その代わり報酬はアップしてください」

とかだと、出過ぎた真似になる可能性があります。

ですから、あくまで付加価値はできる範囲内で、クライアントにとって明らかにメリットになりそうなことだけを提案していこうと思っています。

と、書いている途中で思ったのですが、先ほどの「発注作業」くらいだと、もしかしたら強い付加価値として歓迎されることもあるかもしれませんね。

「出過ぎた真似」と大きい付加価値の判断の境目は、少し難しいかもしれません。

そのあたりは今後の仕事をする上で、感覚を身につけていこうと思います。

スポンサードリンク

まとめ

仕事において「付加価値を提供する」ことはとても大切だと思います。

そしてライターの提供出来る付加価値といえば、「ライティング内容を充実させる」がまずあてはまると思います。

しかしそれ以外にも、「クラウドソーシングのシステムの使い方についてアドバイスする」「納品が早い」「メッセージの返信が早い」なども付加価値になり得ると思います。

ライターが提供出来る付加価値は、なにもライティングの内容だけじゃない。そんなお話でした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。