フリーランスだって月曜日は眠いしやる気が出ない

どうも、やめたろー(@kaishayametarou)です。

会社員の頃は、本当に月曜日が嫌いでした。

「ブルーマンデー」

とかなんかちょっと可愛い感じで表現できる感じじゃないくらい嫌いでした。

「月曜日」という単語を見るだけで不快感が湧き上がってきて困りました。

フリーランスになってからは、月曜日が辛くなくなりました。

むしろ「早い来いやぁ!」って挑発してしまうくらいです。

とはいえ、じゃあ月曜日からバリバリ仕事ができるかというと、そういうわけでもありません。

月曜日はぜんっぜんやる気が出ません。

一体なぜなのか。調査してみました。

スポンサードリンク

眠い→生活習慣の乱れ

フリーランスと言えど、月曜日は眠いです。激烈に眠い。

ライターという職業の天敵である睡魔が、容赦なく襲ってきます。

最悪、二度寝しないと耐えられないような強烈な睡魔がやってきます。

月曜日以外も基本いつも眠い私ですが月曜日は、より一層眠い。

原因を考えてみますと、確実に生活習慣の乱れです。

もっと言えば睡眠時間の変化です。

私の場合、週末、妻の会社が休みなので一緒に休みをとるようにしています。

そうすると、休みの前日は

「くふぅ〜うwww 明日休みだから、二時間くらい夜更かししちゃおっかなぁwww 土曜日から夜更かしっ! ヨロシクゥ!!!」

とかなっちゃって夜更かししちゃいます。

そうすると、必然的に朝起きる時間も遅くなってしまいます。

そしてそれがお休みの間、二日間続くと月曜日の朝が辛くなります。

体が

「えっこの時間に起きるんすか!? 早くないすか!? オイ!」

ってなって、起きてから一時間は一切使い物にならなくなる。

(ちなみにこのブログはいつも起きてから一時間以内に書いているので、だいたい月曜日の内容は支離滅裂になったりスピリチュアルになったりします)

ですので、フリーランスで月曜日に眠い方は

「休みの日も平日と同じ時間に寝て起きる」

という自己啓発本の基本のような対処法が有効だと思われます。

やる気が出ない→解放感

また、月曜日にやる気が出ないという現象について。

これは、「単に仕事が面倒臭い」という理由の他にも理由がある気がします。

それは、解放感です。

私は基本的に土日を妻と一緒に過ごし、月曜日から一人になります。

妻と一緒に過ごす週末の時間は楽しいですが、私の場合同じくらい一人で過ごす時間も楽しいのです。

ですから、月曜日に妻を見送ったあと、家に一人になると解放感に包まれます。

「イエス! 今からこの家には俺一人だ! イエスイエスwww 朝ごはん食べたばかりだけどコアラのマーチ食べちゃおっかなぁー!www」

とかなって、ひとしきり楽しみます。

そして、この状態からお仕事モードに切り替えるのは至難の技です。

この解放感、月曜日の午前中いっぱい持続しちゃったりして、大変危険な状態です。

早めにお仕事モードに切り替えなければなりません。

では、どうしたら月曜日にお仕事モードへ切り替えられるのでしょうか。

月曜日にやる気を出す方法

では一体どうしたらフリーランスは月曜日にやる気を出すことができるのでしょうか。

・月曜日を忙しくしておく

まずはこれ。

月曜日に納期を設定しておいたり、火曜日の午前中に納期を設定しておく。

そうすると、必然的に仕事をやらなければいけないわけで、いやでも仕事のスイッチが入ります。

「本当にやばい」という時間まではやる気が出ない可能性がありますが、本当にやばくなったら仕事のスイッチが入ります。

・仕事をちょっとする

まぁ結局これなんですよね。

「原稿を書く」はハードルが高すぎても、原稿前の下調べとか、やれそうなところから仕事をする。

そうすると、だんだんとお仕事モードのスイッチが入っていくでしょう。

まとめ

フリーランスになってから、月曜日は辛くなくなりました。

しかし、引き続き眠いしやる気は出ません。

フリーランスはパフォーマンスが落ちた分だけ稼ぎも減るので、なんとか月曜日からやる気を出す方法はないものか。

引き続き探っていこうと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。