フリーライターである私のブログの書き方

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

私は、フリーライターとして働くかたわら、本ブログを運営しています。

運営というほど大それたものではないですが、それなりに時間をかけて書いています。

今日は、そんな私がどんな感じでブログを書いているのかを勝手に紹介させていただきます。

スポンサードリンク

ネタを探す

まず、朝起きた瞬間からネタを探し始めます。

アラームが鳴って、目が覚めて、トイレに入っている間に

「今日はなに書こっかなあー」

と考え始めます。

その時考えるのは、「前の日になにがあったか」です。

前の日にあったこと、前の日に考えたこと、前の日に読んだこと。

前の日になにをしたか朝から順番に思い出して「これを書こっと」という題材をチョイスします。

それでもどうしても見つからなかった場合は、evernoteに蓄積してあるネタから書きます。

ここまでで約20分。起床から妻を起こす一時間後までに書き上げなければならないので、それなりにギリギリです。

文章の流れを考える

ネタが見つかったら、次に文章の流れを考えます。

こんな感じで導入文を書いて、それに対してこう書いてこう展開して、こう締めよう。そんな風に文章全体を考えます。

必要そうな時は、見出しまで考えて、それをevernoteに書きつけます。

私はブログをevernoteに書いているので、そこに見出しを書きつけていくのです。

見出しは、書きながら決めることの方が多いです。

タイトルを決める

タイトルを決めるタイミングは、一番はじめだったり、最後だったり前後しますが、大抵はこのくらいのタイミングで決めています。

基本的には検索流入を狙うようなタイトルをつけたいと気をつけながらやってはいますが、そもそも検索流入を意識していない雑記系の記事ばっかりなので、タイトルはまぁまぁ適当につけています。

ここまでで起床から約30分というところです。次に本文を書き始めます。

スポンサードリンク

本文を書く

ここまで来ると後は本文を書くだけなのですが、本文はさほどひっかかることなく進みます。

見出しや構成を考えてあるので、あとはそれを埋めていくだけのような感覚です。

これは、ライターという仕事をしている方であればなんとなく想像がつくかもしれませんね。

本文はどちらかというと作業に近いです。

ここまでで起床から約50分。

WordPressに入稿する

evernoteに書いた内容をWordPressにコピペして、リンクを貼ったり文字を装飾したりしていきます。

リンクを貼るのはただ面倒臭いだけなので嫌いですが、文字の装飾はブログの工程の中でも一番好きな部分かもしれません。

改行を工夫したり、文字の色や大きさを整える作業は面白くて仕方がないです。

そして、それらが終わったらアイキャッチ画像を決めて、その日の夜に公開されるように予約投稿処理をして終わりです。

ここまでで起床から約60分。妻を起こしにいきます。

まれに60分で書き上がらないこともあり、そういう時は妻を送り出してから書きます。まさに今日がそんな感じです。

今日の朝はものすごく眠くて、構成を考えたあとに机につっぷして寝てしまいました。

まとめ

こんな感じで毎日ブログを書いています。

起床から約一時間、妻を起こすまでに書き上げないといけないので、ある意味時間の制限が効いていて丁度良いのかもしれません。

夜に書いていたこともあったのですが、夜はイレギュラーなことも起こりやすく書けないことが多かったので朝一番の作業にブログ執筆を持ってきました。

今後もそんな感じで書いていこうと思っています。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。