ゾンビ映画の中にいたら私が行いそうな行動7選

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

今朝、ゾンビ映画の世界に入り込んでしまう夢を見ました。

ものすごく怖かったので、目が覚めた時

「あぁ! 現実はこっちだったか!」

とすごくほっとしました。

最近は「ウォーキングデッド」も観ていないのに、なんであんな夢を見たんだろう……。

そんなわけで

【ゾンビ映画の中にいたら私が行いそうな行動7選】

を書いてみようと思います。いよいよ意味がわからないブログになってきてしまいました。

スポンサードリンク

死ぬ

まずいきなり行動ではなくて恐縮ですが、多分すぐに死ぬと思います。

あんな過酷な世界で私が生き残れるわけがない。

「感染者に噛まれる」
「感染した身内に噛まれる」
「ちょっとした時についた傷が化膿する」

など死因はいくつか考えられますが、多分ドラマチックにではなくごく普通に死ぬと思います。

先鋒感がすごい。

立てこもる

ゾンビ映画評論家などはよく

「立てこもりは悪手」

とか言いますけど、冷静に考えて立てこもると思う。

あんな世界、絶対にうろうろできるわけがない。

食料とか尽きちゃうかもしれないけど、自衛隊などが助けに来るワンチャンにかけて立てこもる。

近くにショッピングモールもないし。(でも最近はショッピングモールも危ないらしい)

ラジオを聞く

情報収集はもちろんラジオ。

ゾンビ映画において、一番最後まで残るメディアはラジオだと言われています。理由は謎です。

ゾンビ世界開始数日はインターネットも使えるような気がするので、まずはそこで集められるだけ情報を集め、その後は大人しくラジオに移行しょうと思います。

何かあった時のために手回し発電式のラジオを枕元に置いてあるので、多分それが活躍すると思います。

発電をする

先ほど少し話の出た「手回し式のラジオ」ですが、なんと発電もできます。

ただし、携帯の充電ができるだけですが。

でもちょっと前に買ったやつなので、確かケーブルが「FOMA」とかのやつしかなかった気がする。

USB接続あったかな……? 確認しようと思います。

あとは500円で買ったソーラー式のマイクロUSB充電器があるので、それも全力で日光に当てると思います。

砂糖・塩を舐める

先ほど書かせていただいたように私は「立てこもる派」なので、かなり早い段階で食料が尽きると思います。

ですが、なぜか砂糖と塩だけは十分すぎるほどストックしてあるので、当面の間はそれを舐めて生きられるような気がします。

もしかしたらその前に水がなくなるかも。

梅雨だったらかなり長い間生存できる気がします。

カーテンの隙間から外をうかがう

立てこもることは立てこもるんですけどやっぱり外の世界は気になるので、カーテンの隙間からチラチラと外をうかがうと思います。

日記をつける

もしなにかの拍子で元の世界に戻る事ができた時のために日記をつけておこうと思います。

そしてそれをブログに書いたりKDPで出版したりして資産として活用しようと思います。

まとめ

私はなぜかちょいちょいゾンビ映画世界の夢を見ます。

ですので、「もし本当にそうなった時の行動予測」を現時点で行っておきました。

多分もうちょっとマシな行動もあると思いますが、今のところ改善の予定はありません。

現場からは以上です。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。