【ブログ運営】トレンド記事を書くメリット・デメリット

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

先日、こんな記事をあげました。

「Lancers Top」とは!? サービス内容、登録方法、審査など、ざっくりまとめました。
引用元:https://lancerstop.jp/ どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。 我らがランサーズが本日4月19日より「Lancers Top」の事前登録を開始し...

「pook」とは!? サービス内容、登録方法、アプリについてなど、ざっくりまとめました。
引用元:https://s.pook.life/lp/ どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。 我らがランサーズが本日4月19日より「pook」の事前登録を開始しました...

情報が公になったその日にアップしたので、それなりに速報性が高く、いわゆる「トレンド(流行)記事」に分類される記事だと思います。

このブログでトレンド記事を書くことは珍しく、ある意味新しい試みでした。

トレンド記事を書いてみて、メリットとデメリットの両方を感じたので、書いてみます。

※このエントリにおける「トレンド記事」「速報性の高い記事」という意味で使っていますが、一般的に「トレンド記事」というと、テレビの内容をまとめたり、世の中でニュースとなっている事柄をまとめて考察したりといった、どちらかというと芸能色が強い記事を指すようです。

スポンサードリンク

メリット

まずメリットはどんなところで感じたのか、書いてみます。

アクセスを集めやすい

情報が解禁されたその日にまとめた記事なので、それなりに速報性が高く、たくさんの人に読んでいただけました。

新しいネタは「SNSで拡散して議論したい!」と思っている方も多いので、SNSで拡散されやすくなり、バズ、とまでは行きませんがアクセス数をどんどん伸ばすことができました。

cv率が高い

今回のように「事前登録」というようなアクションを促せる記事の場合、cv率が高くなります。

cv率とは、「その記事を読んでくれた人が会員登録をしたり、商品を購入したりといったアクションを起こしてくれる確率」です。

今回、サービスの情報をまとめ、最後に事前登録のリンクを貼ったことでcv率はかなり高くなったと予想されます。

後述しますが、今回の記事に関してはそれ自体に大きなメリットはなかったのですが、トレンド記事のメリットとしては存在すると思います。

デメリット

では反対に、デメリットはどのような点になるのでしょうか。

情報収集が大変

先日上げた記事は、二つの記事を作成するのに合計で二時間くらいかかっています。

なにしろその日発表されたニュースであり、情報がかなり少なかったからです。

だからこそ情報の取捨選択がしやすいというメリットもありますが、記事にするためには情報をかき集め、自分の考察なども多く入れる必要があり、なおかつその考察はあまり的外れなものであってはならないとちょっと神経を使いました。

資産にならない

これはトレンド記事一番の弱点としておなじみですが、ブログの資産になりにくいというデメリットがあります。

トレンドは和訳すると「流行」であり、流行には終わりが来ます。

おそらく今回の記事については一週間もしないうちに記事としての価値はほとんどなくなるんじゃないかと思っています。

ただ、今回の場合はサービスの情報解禁や、サービス開始にあわせて情報をブラッシュアップしていくことである程度のアクセスは見込めますが、とはいえサービス開始後はあまり必要がなくなる記事かもしれません。

「○○とは?」というような検索に引っかかりやすそうなタイトルにはしていますが、公式ページもこれから整備されていくなかでどれくらい検索上位にこれるかは正直わかりませんし、あまり期待はしていません。

お金にならない

今回の記事に限って言うと、記事として報酬が発生しやすいような記事でもありません。

例えば、事前登録に広告報酬が発生していて、一人登録するごとに500円! とかだったらそれなりのお金になったかもしれません。

しかし両サービス共に、まだプレスリリースのような形で発表されただけなので、現時点でそういう広告は設定されていません。

「Lancers Top」や「pook」に何人登録しようが、特に私に利益はないのです。

これは多くのトレンド記事に同じことが言えるのではないかなぁと思います。

なぜ書いたのか

では、なぜそれなりの労働力を投下してこれらの記事を書いたのかというと、「良いサービスだなと思った」のと「トレンド記事の練習をしたかった」からです。

単純によさげなサービスだなと思ったので、多くの人に知ってもらった方が良いと思いましたし、ニュースはアップされていましたがあえてブログとして時間差でまとめ直すことで、「でもこういう点はどうなんだろう」といったような議論を呼ぶこともできるのかなと思いました。

サービスリリース前にそういった議論がなされることで、それを運営側が見てくれて、その結果より良いサービスになるかもしれません。

もちろん、そこまでの力がこのブログにあるとは思っていませんが、やらないよりはましかなと思いました。

あとは単純にトレンド記事というか、速報性の高い記事を書く練習をしてみたかったという理由があります。

情報が解禁されたその日にブログとしてまとめるにはどういう情報収集が必要か。

どういうまとめ方が必要か。

そういったトレンド記事を書く上でのポイントみたいなものを掴むために書いてみようかなと思ったのでした。

なんか無駄にかっこいい感じいなってしまったので一応補足をしておくと、今回の記事を書いた一番の理由は「けっこう暇だったから」です。

スポンサードリンク

まとめ

最後の見出しはなくてもいいのかなと思いましたが、「ブログ運営」というタイトルをつけているので、これからブログを始めよう! と思っている方に私なりの考え方を共有できるかなと思い書きました。

でも、情報が少ない中まとめ記事を書くのは、なんだかジャーナリズム感があるというか、新しい感覚でした。

もし面白そうなサービスを発見したらこれからも積極的にまとめ記事を書いてみようかなぁと思っています。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。