スーツを全部捨てたら生活の幸福度が2%くらい上昇した話

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

いや今更なんですけど、スーツを全部捨てました。

会社員時代に着ていたスーツです。

3着ぐらい持っていて、当然のことながら会社をやめてから一切着ていなかったので捨てました。

「もしかしたらなにかの機会に着るかも……?」

と思わないではありませんでしたが、一年間以上着ていなかったということは着る機会はもうないだろうなと思って「エイサァ!」とか言いながら捨てました。

スポンサードリンク

捨てるのは気持ちいい

ところで、捨てるのってすごく気持ちよくないですか?

スーツを捨てる前は

「やーーーでもいつか着るかもしれないし。っていうか一応オーダーメイドで作ったやつだしな。数万円したものだし、もったいないような……。このコートもいまやボロボロだけど思えば新入社員の頃から着ていたもので戦友だよなぁフフフ……」

とか思っていたのですが10分後には

「いいや全部捨てちゃえー」

って全部捨てちゃいました。

そしたら、さっきまでなんであんなに迷っていたんだろうと悩むレベルですっきりしました。

っていうかスーツなんて明らかに今の私にはいらないものなのになんで悩んでいたんだろうと不思議になったくらいです。

必要になったら買えばいいや

もし万一スーツが必要になったら買えばいいだけです。

そんな万一のためにスーツ3着分のスペースを占領させるなんて無駄すぎる。

スーツを捨てた部分に普段着のシャツとかかけたらタンスの引き出しを漁る時間が減りました。

そしてクローゼットの視認性が飛躍的にアップしました。

本当、「使うかも」「もったいないかも」というものを持ち続けることは百害あって一利なしだなと思いました。

あ、ちなみに試しに3着とも着てみたところ全部ズボンが入りませんでした。

1着だけ履けたけど2秒後には腹のところのボタンぶっ壊れそうだった。

まとめ

スーツ捨てました。

むしろ今までなんで取ってあったのか謎すぎますが、全部履けないし着れなくなっていたしそもそも必要ないだろうしで捨てました。

捨てたところに私服をシャツをかけたらそこからスッと着れるのが最高すぎます。

余白、増やしていこうと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。