雑記ブログのマネタイズ方法。成し遂げたことを製品化して売る

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

このブログは雑記ブログです。

どこからどう見ても雑記ブログです。

今は「ライターについて」とかの記事が多いですが、地方移住をしたあかつきには「地方移住について」とかの記事が多くなるのだと思います。

雑記ブログは特化ブログに比べてマネタイズがしにくいと言われています。

確かに雑記ブログはその時々によってテーマがあっちゃこっちゃ変化するのでテーマによる信頼を蓄積しづらく、またブログ内の回遊率を高めるのも特化ブログに比べてちょっと難しいなどの難点はあると思います。

あとSEO的なものでも不利な気がします。

しかし雑記ブログならではのマネタイズ方法もあると私は思います。

それは「成し遂げたことを製品化して売る」です。

スポンサードリンク

雑記ブログの良い点はテーマが移りかわること

雑記ブログは、書いている人の人生が変化することによって扱うテーマが変化します。

例えばこのブログも、開設当初のメインテーマは「会社をやめるための副業について」でした。

しかし私が副業で稼ぐ前に会社をやめてしまったので、テーマは現在の本業である「ライターについて」に移り変わっていきました。

このように雑記ブログは運営している人自身の変化によってテーマがコロコロと変わっていきます。

成し遂げたことを製品化して売る

雑記ブログのマネタイズ方法について考えたとき「成し遂げたことを製品化して売る」という方法もあるよなと思いました。

「成し遂げたことを製品化して売る」とはどういうことかというと、例えば私の場合

「スキル・経験ゼロで会社をやめて一からライターを始めて生計を立てた」

ということが「成し遂げたこと」です。

この「成し遂げたこと」を製品化するとしたら以下のような方法があると思います。

・成し遂げた過程を記事としてまとめ、noteで売る

・成し遂げた過程を記事としてまとめ、KDP(Kindle ダイレクトパブリッシング)で売る

・これからライターを始めたいという人に一時間500円とかで実際に会ってアドバイスを行う

などなどです。

私はライターとして働いていますし、文章を書くことが好きなので「note」や「KDP」といったものが中心になりますが、動画を作るのが得意な人だったら動画として配信するかもしれませんし、絵が描ける人であれば漫画形式にして売り出すのもいいかもしれません。

そしてこれらの「成し遂げたことを製品化して売る」という方法は成し遂げたことが増えたときに容易に応用できます。

私が地方移住を成し遂げたら、
・成し遂げた過程を記事としてまとめ、noteで売る
・成し遂げた過程を記事としてまとめ、KDP(Kindle ダイレクトパブリッシング)で売る
・これから地方移住をしたいという人に一時間500円とかで実際に会ってアドバイスを行う

地方移住をして一から農業を学んで野菜を育てて食費を減らすことに成功したら
・成し遂げた過程を記事としてまとめ、noteで売る
・成し遂げた過程を記事としてまとめ、KDP(Kindle ダイレクトパブリッシング)で売る
・これから農業を始めたいという人に一時間500円とかで実際に会ってアドバイスを行う

自分がしっかりアドバイスできるレベルになっているのであれば、そのことについて悩んでいる人のための「オンラインサロンの運営」をしてもいいかもしれません。

オンラインサロンの運営はかなり時間をかける必要があるので今はやる予定はありませんが、このように応用が可能です。

上記の「成し遂げたこと」はあくまで例ですが、雑記ブログの最大の特徴である「テーマが移り変わって良い」という強みを活かしてマネタイズすることは可能だよなぁと思いました。

成し遂げたことを増やすことが肝心

ここまで書いてきた内容でお気づきの方も多いと思いますが、「成し遂げたことを製品化して売る」ためには「成し遂げたこと」を増やさなければいけません。

ただ一度ライターとして稼げるようになったからといって同じ仕事を受注し続けて、ただライターを続けていたら「成し遂げたこと」は増えていきません。

ですから日々自分にできることを考えてそれをブラッシュアップしていく必要があります。

同じライターとして働くにしても、同じ方法で受注して同じ仕事をこなして稼ぐのではなく日々改善を重ねてライターとしてレベルアップしていくとかそんな感じです。

「もうこれずっとやってればいいや」ということに出会えたらいいのですが、そうでない場合は新しいことを見つけてそれに向けて努力する必要があります。

私は「成し遂げたこと」を増やす行為自体がなんかRPGのレベル上げっぽくて好きなので雑記ブログを運営するのに向いているのかもしれません。

あえて悪く表現すれば、私は「飽きっぽい」のでテーマはコロコロ変わっていき「成し遂げたこと」を増やしていくことができると思います。

スポンサードリンク

「成し遂げたこと」はミニマムでいい

最後につけ加えておくと、「成し遂げたこと」はなにも大きなことである必要はありません。

例として上げた「スキル・経験ゼロで会社をやめて一からライターを始めて生計を立てた」「地方移住をする」とかはまぁまぁ大きめなテーマですが、例えば

・株式投資を10万円から始めて12万円にした

・ブログを始めて月間1,000PV獲得した

・ランサーズで1,000円稼いだ

みたいな、比較的短期間で達成可能なことでも、製品の値段設定に気をつければ十分製品化して売ることはできると思います。

わかりやすく表現すると、

「スキル・経験ゼロで会社をやめて一からライターを始めて生計を立てた」はちょっと大きめのテーマだからnoteにまとめて売るときは300円で売る。

「ランサーズで1,000円稼いだ」はちょっと小さいテーマなのでnoteにまとめて売るときは100円で売る。

みたいな考え方です。

そうやって考えていくと身の回りに「成し遂げたこと」は結構あると思います。

本業にまつわることでなくても

・知識ゼロから結婚式を企画して無事成功させた

とかでも、自分の体験記プラス、「良い式場の選び方をまとめる」「式の形式による予算傾向をまとめる」とか提供する情報・価値を増やしていきパッケージとしてまとめることで売ることができるかもしれません。

コミックエッセイとかでも「○○の状態から●●してみた!」みたいな自分の体験記と一般的な傾向を情報としてまとめて書籍化しているものがありますよね。

そういうものも「成し遂げたことを製品化して売る」という考え方では同じだと思います。

それがブログ運営の場合は主に文章で売ることになるという違いだけです。

そして私たちは信頼のある出版社とは異なるので製品の値段は安くする必要はあるという違いもあります。

私はそんな風に考えているので、これからも「成し遂げたこと」を増やしてそれを製品化していこうと思っているのでした。

まとめ

雑記ブログは運営者の人生や興味の変化に合わせてテーマがコロコロと変わっていきます。

それはSEO的に考えた場合などの雑記ブログのデメリットでもありますが、それを活かして

「成し遂げたことを製品化して売る」

という方法もあるんじゃないかなぁと、昨日お風呂に入りながら考えました。

今は、noteやらKDPやらBASEやらとにかく自分の製品やスキルを売るための環境が整っているので、そういう意味ではラッキーだと思います。

とりあえず私の場合

「経験・スキルゼロからライターとして月収20万円を稼いだ」

という成し遂げたことを製品化するところから始めてみようかなぁと思いつつ全然着手できていないので、早くやろうと思います。

終わります。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。