どちらも良さそうで迷うのなら、それはどっちを選んでも正解なんだろう

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

みなさんは「2択で迷う」ことはありますか?

私はたまにあります。

今で言うと、移住先をどこにするかというまぁまぁ大きめのテーマについて、2択で迷っています。

「行ったら楽しそうだなぁ〜」というところが2つあるんですね。

で、まぁ表題の通りなんですけど、これって結局どっちを選んでも正解なんだと思っています。

私がそう考える根拠は、以下の通りです。

スポンサードリンク

物事に善し悪しがあるのは当然

物事には、良い面と悪い面の両方が存在します。

問題はそのどちらが多いかです。

2つの物事を比べる場合、どちらか片方が明らかに良い面で優れている場合、多分人は迷いません。

2つの物事を選択するときに迷うのは、「どちらの良い面も悪い面も同じくらい」のときです。

どちらかの良い面を見た時に、

「あ、でもあっちもこういう良い面があるからな」

と考えてしまう。

逆に、片方の悪い面が気になるときに

「でもこっちも悪い面があるぞ」

と堂々巡りに突入してしまう。

なんか、2つの物事がシーソーに乗っているみたいです。

こうなるといつまでも決められません。

良い面があるんならどっちを選んでも正解

結局大事なのは、どちらを選んでも後悔しない覚悟なんだと思います。

どちらの物事に対しても良い面と悪い面があるんなら、あとは選んだあとに後悔しない覚悟さえ持っていれば確実に成功します。

一番問題なのは、そうやって2つの物事をシーソーに乗せている間にどんどん時間が経ってしまうことです。

人生において時間こそがもっとも重要ですから、「選択したら後悔しない覚悟」だけを武器に決断する時間を短くする。

それが今私に求められている力なのだと思います。

まとめ

「移住先どーする〜?」というのはまぁまぁ大きめのテーマです。

大きめなテーマであると同時に正解のないテーマです。

どこを選んでも失敗とも言えるし、成功とも言える。

どの地域にも良い面と悪い面がある。

ですから悩んでしまいますが、まぁさっさと決めてしまって、良い面だけを意識して後悔だけしないようにしようと思っています。

頑張ります。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。