ブログを書くときは読者のことなんて全然考えなくて良い理由

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

先日、ブログを始めたばかりの(というかまだブログを開設していない)ブログ初心者の方とブログについてお話する機会がありました。

その時に、その方が

「ブログを書くときって、プロダクトアウトではなくて、マーケットインで考えるべきだと思うんですよね。そうすることで、私のブログの市場価値が高くなると言うか……」

と言っていました。

ブログを開設する前からそんなことで悩んでいるブログ初心者に対して、私は先輩としてガツン! と、こんなことを思いました。


「(ぷろだくとあうと……? まーけっといん……?)」

1.プロダクトアウト、マーケットインとは
プロダクトアウト(product out、product oriented)とは、企業が商品開発や生産を行う上で、作り手の理論を優先させる方法のことです。「作り手がいいと思うものを作る」「作ったものを売る」という考え方で、たとえば、従来の大量生産がこのやり方に当たります。
一方、マーケットイン(market in、market oriented)とは、ニーズを優先し、顧客視点で商品の企画・開発を行い、提供していくことです。プロダクトアウトの対義語であり、「顧客が望むものを作る」「売れるものだけを作り、提供する」方法を指します。

マーケティング用語集「プロダクトアウト、マーケットイン」
http://www.jmrlsi.co.jp/knowledge/yougo/my02/my0227.html

スポンサードリンク

ブログを書き始めるときはプロダクトアウトで良い!

硬直している私に対して、その方は

「まぁ……その、ブログを書くことってプロダクトアウト、つまり“自分が書きたいことを書く”というよりは、マーケットイン、つまり“読者がなにを読みたいのかを考えて書く”べきである、というか……」

と猿みたいな私でもわかるように質問をし直してくれました。

ようやく質問の意味がわかった私はウッキウキで


「アァ! ブログを書き始めの頃は、マーケットアウトなんて全然考えなくていいんだよ! もう完全にプロダクトインで良い! 自分の書きたいことをバンバン書けばいいのさ!」

と、快活な笑顔で単語を全部間違えながら答えました。

まぁつまりなにが言いたかったのかというと、「ブログを書き始めたころは、読者のことなんか考えなくていい!」ということです。

例として、ブログ初期のころの私の記事を見てみましょう。

TOEICで220点取ったら新世界の神になれた。
どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。 TOEICってありますよね。英語のやつ。 以前勤めていた会社にいた頃、TOEICのテストが無料で受けられるとい...
最近よくパンツが裂けます。
どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。 最近、よくパンツが裂けます。下着の方のパンツです。ズボンではありません。 数年前にまとめ買いしたパン...
そろそろクリリンに死んでもらわないとまずいたった2つの理由
どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。 先日、こんな記事を書きました。 http://kaishayameruzo.com/archives/1290 このように、「まずい」と...

こいつ確実にマーケットインなんか考えていませんよね?

もうとにかく、”自分が書きたい!”と思うことを書いていました。

ブログを書くときは100%プロダクトアウトで良い理由

特にブログを書き始めたばかりの頃は、100%プロダクトアウトで良いと思っています。

その理由は、

「まずはブログを書くことを習慣化することがなによりも大事だから」

です。

ブログを運営する上で一番大事なのは「継続」です。とにかくブログを書き続けること。

なぜブログ運営で継続が大事なのかは、この記事にまとめています。

ブログ運営は継続が大事な理由
どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。 このブログは「好きなことばっか書いてまぁたまにお金になりゃいっかな♪」ぐらいのスタンスで運営しているので...

今回の質問に沿って回答をすると、

「ブログを継続したことがないと、そもそもマーケットインの考え方なんかできない」

と回答することもできます。

ブログは、ある一定の期間運営することではじめて“どういう記事が読まれるか”という市場のニーズを把握することができます。

ブログを始める前から、市場のニーズなんてわかりません。

ある程度ぼんやりと読者を想定するのは大事なことかもしれませんが、読者のニーズに答えられない記事を書いてしまうことよりも、読者のニーズを考えすぎてブログを書く筆が重くなってしまうことの方がよほど問題です。

ブログを書き続けることでマーケットが見えてくる

とりあえず難しいことは考えずに、今自分が書きたいと思っていることを自由に書くこと。それが一番大事です。

そうやって書くブログの方が、書いている側としては楽しいに決まっています。

そうやって記事を量産して、一ヶ月なり数ヶ月経って、自分のブログのアクセス数などのデータがなんとなく出揃い始めたころになってようやく、

「こういう記事が読まれやすいんだな。じゃあもう一回このテーマで書いてみよっかな?」

みたいなマーケットインらしき考え方をすればいい。それで十分だと思います。

そもそもブログを始めて一年半ちょっと経った私ですら、特にマーケットインなんて考えずにボコボコ自分の書きたいように記事を書いています。

だからこそ次々に結果を出すブロガーよりも成長が遅いとも言えますが、それでもここまで順調に右肩上がりでブログは成長してきています。

ブログを飛躍的に成長させるためにはマーケットインの考え方が必要なのかもしれませんが、ブログを始めるときはマーケットインなんて小難しいことは考えないで、自分の書きたいことを自由に楽しんで書けばいい。

そんな風に、ちょいちょい単語がごちゃまぜになりながら答えたのでした。

スポンサードリンク

まとめ

ブログ初心者の方が

「ブログを書くときって、プロダクトアウトではなくマーケットインの考え方で記事を書いた方がいいんですよね」

と悩んでいたので

「自分の好きなように書きゃいいんだよ! プロダクトインでいいんだよ!」

と結果的に混乱させる答え方で答えました。

横文字難しすぎるやろ……常識的に考えて……。

まぁとにかく、ブログを始めた初期のころは特に「自分の書きたいことをワサワサ! って書いてブログを楽しんで欲しい」と思います。

そしてそれはブログを始めたばかりではなくても、ある程度運営した後でも同じだと思います。

ブログを書いている人が楽しそうに書いているブログ記事を、私は読みたい。

そんな風に思ってしまうのでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。