運転中、助手席の人にやられるとイラっとすることベスト4

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

私は車を運転するのが好きです。

「誰が運転する?」

となった時は、人の家の車でない限り手をあげて率先して運転します。

さて、そんな私が「助手席に乗る人」に求めることについてまとめてみました。

ご査収ください。

スポンサードリンク

叫ばない

寝ようが自分だけで全部お菓子を食べてしまおうが、もう全然構わないのですが、これだけはやめてほしいと思っています。

危なくないときに叫ばれるのも困りますが、実際に危ないときに叫ばれると超動揺します。

こっちは冷静に対処しなきゃと思っているのに助手席から

「ギャーーーー! ヒャアアアーーーー!」

みたいな叫び声が聞こえるとこちらもパニックになります。

気持ちはわかるけど、抑えてほしい。

実家の母がこのタイプで、ちょっとなにかある度に叫んで父に怒られていました。

気持ちはわかるけどね。少し抑えめで、よろ。

「青だよ」って言わない

信号が青になる度に「青だよ」って教えてくれるパターン。

ありがたいっちゃありがたいのですが、毎回言われると若干イラっとするときがあります。

「いやうん、見えとるし」

ってなります。

もちろん気がついていない時もあるのですが、だいたい気がついているので「青だよ」とわざわざ言われるとなにか注意されているような気がしてイラりとすることがあるのです。

私は車をゆっくりスタートさせたいタイプなので、青になっているのに発進していないように感じるのかもしれませんができればもう少し「青だよ」は待ってほしいと思っています。

「一時停止だよ」って言わない

一時停止の看板が見える度に「一時停止だよ」って教えてくれるパターン。

「いやうん、見えとるし」

ってなります。

スポンサードリンク

ナビと戦わない

私は結構カーナビを信頼しています。

とても変な道を進めと指示されるときなどもありますが、結果的にはだいたい目的地に着く。

そんな信頼感があります。

しかし

「アーーーいまのとこ右じゃない? 右行った方が早いって!」

とか助手席の人が言い出すと、途端に雲行きが怪しくなります。

こうなった場合、だいたい迷います。

あと、ナビは「あと300mで左」って言っているのに

「いまのとこ左じゃない!?」

と叫ばれるのも困ります。

まとめ

助手席に人が乗っている場合にちょっとイラっとすることを書いてみました。

こんなに書いておきながら、自分が助手席に座ったときは全部やってしまっているような気がします。

気をつけようっと。

終わります!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。