私が移住先を高知県にしなかった、たった1つの理由

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

昨日、青森県十和田市に移住した記事を書いたところ、たくさんの方に読んでいただき、コメントをいただきました。みんな優しい!

そんなわけで今日も移住関連の記事を書いてみようと思います。

今回は移住先についてです。

スポンサードリンク

青森と高知で迷いまくる

移住先を検討するにあたり、5つ以上の都道府県を見に行きました。

その中で、私と妻が候補として残したのが、青森と高知でした。

高知は言わずと知れた移住先のメッカで、実際、遊びに行ってみるとそれはそれは良いところでした。

その時の記事

食べ物もおいしいし、見所がたくさんあるし、出会った人はみんな良い人だし、行政も移住者の受け入れに積極的で支援が洗練されている。

正直、移住先としてはこれ以上ないと言ってもいいくらい良いところでした。

ですから、私と妻の間で「移住先を高知にするか。青森にするか」というのは結構長い時間を割いて議論をしたテーマでした。

しかし結果として青森を選んだのは、妻の実家が東北にあるからという理由も大きいのですが、ある一つの理由が決定打になりました。

高知の魅力を伝える人は、すでにたくさんいる

皆さんもご存知かと思いますが、高知にはすでに素晴らしいブロガーがたくさんいます。

イケダハヤトさんをはじめ、私が直接お会いした方だけでも、ちゅんすけさんちゃちゃこさんご夫婦。生姜農家の竜一さん

そして、イケダさんがよく紹介されているたくさんのブロガーの方々。

高知にはすでにたくさんのブロガーがいました。

そんなブロガーの方々が高知の魅力をたくさん発信していらっしゃいます。

ですから、そこに私が移住したとて

「ほーん、高知ね。色々発信されているから、ある程度知っているぜ」

みたいな感じになると思いました。

一方、青森、そしてその中でも十和田市に移住した場合

「青森ィ!? なおかつ十和田ァ!? どこォ!?」

ってなる気がしました。

単純に、青森に移住した方が面白がってもらえそうだと思ったのです。

もちろん青森にも良いブログはたくさんありますが、それでも高知よりは少ない。

であれば、会社やめたろーとしては「青森の魅力を伝える発信戦士ブルーフォレストマン」になった方が面白かろうと思ったのが、移住先を高知にせず青森にした理由です。

でも高知にはあと4,000万回行く

とはいえ高知は本当にとっっても良いところだったので、あと4,000万回いくと思います。あの鰹のたたきとうどんは多分定期的に食べたくなる。

なんなら青森に飽きたら突然高知に移住するかもしれません。

私はもちろん、妻も非常に高知が気に入っているので、その可能性は十分にあります。

急に「会社やめたろーぜよ」とか語尾に”ぜよ”をつけ始めたら移住のサインです。

スポンサードリンク

まとめ

移住先は、正直とても迷いました。

「一回移住しても気に食わなければまた引っ越しすりゃあいいや〜ん」

みたいな心持ちで臨みましたが、初めての移住は自分たち夫婦だけではなく、お互いの家族にとってもまぁまぁ一大事です。

自分たちがしたいようにするつもりが最優先ではあっても、適当に決めるわけにはいかない。

まぁ最終的にはやっぱり「ソイヤ!」という勢い的なものも大事で、「エイサァ! ソイヤ!」みたいな感じで移住しました。

とりあえず頑張ってダンボール開けます。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。