やめたろー、小説を書きます

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

無駄にキャッチーな題名で申し訳ありません。

「好きなことで生きていく」とか「好きなことでお金を稼ぐ」みたいな言葉、ありますよね。

そういった言葉を見たり聞いたりするたびに、私にはいつも頭をよぎる気持ちがありました。

それは「小説を書いて収入を得たい」という気持ちです。

私は小説が好きです。

書くのも読むのも好きです。

比較的小さな頃から小説を読んできて、将来は「お話を作る人」になりたいと思っていました。

しかし、「小説を書く」ということは幼少期の私にとってかなり難しいことに感じられたので、すぐに書き始めることはできませんでした。

社会人になって会社で働き始めたころ。

私は「人生の支柱が欲しい」と考えるようになりました。

人生を賭けるべきもの。私の生涯全てを賭けて成し遂げるべきことが欲しい。

そんなことを考えるようになりました。

その時私の頭によぎったのは、やはり「小説を書きたい」という気持ちでした。

しかし、書けない。書き方が分からない。そんな日が長く続きました。

そして、ある日の夜。

その日はなんの変哲もない日でした。

しかし唐突に、「このままじゃずっと小説を書けない。それは嫌だ。だから今、この瞬間から小説を書きはじめないといけない」と思い立ち、そのままパソコンに向かいました。

2時間後に1,500文字ほどのショートショートができていました。

ショートショートというのは、とても短い小説のことです。星新一先生が有名ですね。

私はそのできたばかりのショートショートをすぐに小説投稿サイトに投稿しました。

すると、コメントがいくつかつきました。

「面白い」

そう言ってもらえました。

もっとコメントがもらいたいと思った私は2ちゃんねるの創作板みたいなところに作品のURLを貼り付け、感想をもらいました。2ちゃんねるなので、辛口のコメントもいっぱいもらいました。

そんな風に小説を書き続けて、5年以上になります。

いくつかの成果を出すことができましたが、未だ「小説で単行本デビューする」という最初の目標に到達できずにおります。

私はずっと小説を書いてきましたが、本ブログ及び”会社やめたろー”は「小説を書くこと」とはまったく関係のないスタンスで運営をしてきました。

しかし最近「小説で単行本デビューする」という目標は、私のすべての力を持ってして挑まなければ達成できない目標かもしれないと感じ始めました。

私自身は今までずっと小説を書いてきましたが、会社やめたろーも小説を書き始めます。そしてとりあえずの目標である「小説で単行本デビューする」という目標を目指します。

スポンサードリンク

書くジャンルについて

ショートショートというジャンルの小説を書きます。

星新一先生が有名な、短編小説より短い小説のことです。

私が書く物語はいつも短めのものが多く、ショートショートとの相性がいいようです。

やりたいこと① やめたろーnovelを刊行&収益化

noteで、5本くらいのショートショートをまとめた「やめたろーnovel」を刊行したいと思います。

(というか、一応もう一冊分刊行しました。リンクを下の方に貼ります)

この「やめたろーnovel」をできれば月に一冊ずつくらいは刊行していきたいなと思っています。

そして、「小説で、少額でもお金を稼ぐ」ということをまずはやってみようと思います。

月に○万円とかそういう収益化ではなく、たとえそれが10円でも、自分が書いた物語でお金を稼ぐという体験をまず積もうと思っています。

やりたいこと② 「writer’s novel」の立ち上げ

私にはありがたいことにたくさんのライター仲間がいます。

そして私の見立てが正しければ、その中の何人かの方は小説を書きたいと思っている、もしくは書いていらっしゃるんじゃないかと思っています。というか実際に書いていて、発表している人も何人かいらっしゃいますしね。

ライターという職業を志し、実際に今ライターとして働いている方の中には、小説を書きたいと思っている仲間がいるはずだと、勝手に思っているのです。

そういう人たちと一緒に小説制作をする場を作りたいと思っています。

サロンとかがいいのかなぁと思ったのですが、DMMサロンは月額500円以上じゃないとサロンを作れないようなので、とりあえず無料のレンタル掲示板とかから始めて、良い感じになったらサロン化しようかなとかそんなことを考えています。

掲示板はすでに作ってあります。もし「気になるぞ!」という方は是非DMなどでご連絡ください! 誰も声をかけてくれないとやめたろーが一人でブツブツ言っている掲示板になっちゃう!

そして、そういった場で作品をどんどんみんなで作って、noteの「共同マガジン機能」を使い「writer’s novel」というレーベルを立ち上げたいと思っています。

本当はkindleのKDPで出したいと思っていたのですが、KDPは報酬の山分けができないらしいのでやめました。

その点noteの共同マガジン機能は、noteを購入していただいたことで発生する報酬を完全に分配できるので、複数人の作品を5作品とか小規模でまとめて100円とか200円とかで売り出すとかいいよなぁ〜とか思ってます。報酬は完全に山分け、みたいな感じで。

「writer’s novel」に関しては編集者が私で、私が「これは面白いなぁ」と思う作品だけをまとめて刊行させていただきたいと思っていますが、個々人で自分の作品をnoteで販売するのはもちろん自由、みたいな……。

なんか、そんなことを考えています。

スポンサードリンク

やりたいこと③ 色々な人とのコラボnovelを刊行

ブログをやっていたりライターをやっていたりする人って、小説的文章にも興味がある人が多いんじゃないかなぁと思っています。

有名な方ですと、イケダハヤトさんも確かnoteでショートストーリーを執筆されていましたし。

もしくは、モデルとなる人物(ブロガーとか)を定めて私が小説化して作品集を作るとか。共同マガジン化して、モデルとなった人にも何%か報酬を分配するような形で。

エッセイを書きたい人とコラボして「エッセイ×ショートショート」みたいな感じのnoteを発売してみるとかもいいかも。

そんな風に色々な人とコラボレーションをしてnoteをガンガン作っていきたいなと思っています。

あ、イラストが描ける方に作品を漫画化してもらうのもいいですね! 面白そう。

そんなことを考えています。

やること① 週に一作、ショートショートを書き上げます

ショートショートというのは調子がよければ2時間くらいで書き上げることができるので一週間に一作なんてぬるい目標なのですが、とりあえずこれくらいのことから習慣化していこうと思います。

小説がうまく書けるようになる一番の近道はいっぱい書くことだと思っている派なので、定期的に確実に作品を作り続けて行こうと思っています。

掲示板(サロン)の集まりでお題を出し合って競作とかもすごく良さそう。

「今週は、”台所”というテーマで一作書きましょう!」みたいな。良さそう。とても良さそう。

やること② 創作コミュニティの運営

本当はサロンを作ってからこの記事をアップしようと思っていたのですが、サロンは最低でも月額500円とかでしか開設できないらしく「それは高いなぁ!」と思ったのでとりあえず無料のレンタル掲示板で運営してみようと思います。

無料で作れるサロンみたいのあるのかなぁ。よく分からない!

というわけで、「やめたろーと小説見せ合いっことかしたい!」「私も小説書きたい!」という方、ぜひDMやらリプライやらなにやらでご連絡ください! 掲示板にご招待します。

掲示板はパスワードを知らなければ閲覧できない設定にしているので、「不特定多数に作品を見られるのは恥ずかしいぞ!」という方もお気軽にご参加ください。

「書きたいのは随筆(エッセイ)なんだが?」という方も、もちろん大歓迎です! とりあえずお仕事以外の文章を書きたい人ならOK!

もちろん匿名参加でもおっけーです。いつものハンドルネームだと恥ずかしいということであれば、別アカウントからの参加も勿論OK。

「ライターじゃないんだが、創作をしてみたいのさ」という人でもOKです。

コミュニティのとりあえずの運営方針は

・5,000字以内の作品であれば全部やめたろーが感想を書き込む。それ以上だと読むの大変だから全部は無理かも! ごめん!

・作品に対してネガティブなコメントは絶対NG!(これだけは徹底したい) 褒め言葉か、相手のためになると考えたアドバイスのみOKとする

・できれば掲示板参加者の方は他の人の作品に感想をたくさん書いてね!

とか考えています。そして「writer’s novel」をみんなで刊行したい!

スポンサードリンク

「やめたろーnovel」第一弾を刊行しました

はい、ということで色々と構想を書いてきましたが、とりあえず自作を5作品まとめた「やめたろーnovel」の第一弾を刊行しました。

やめたろーnovel【花】
https://note.mu/kaishayametarou/n/n71caa8d62a4b

今まで書いてきた作品の中でもっともよく書けたと思っている作品の詰め合わせです。

一応100円の有料販売なのですが、数作は無料で読めますので、試しにのぞいてみていただけると嬉しいです。

ここが私のスタートラインです。ここから、小説をどんどん書き連ねていって、とりあえずは単行本デビューを目指します。

※ライターもブログも続けます

大切なことを書き忘れていたのですが、ライターという仕事もブログを書くことも大好きなので、もちろんこれからも続けます!

というか今までもこれらの活動をしつつ創作活動をしてきたので、私的にはなにも変わりません。

「小説書いてることをみんなに言おう!」と思ってこの記事を書いただけです。

ライターとしての成長は今後も目指していきますし、ブログも今まで通り書いていきます。

ライターとしてやらなければいけないこともありますしね。

やらなきゃいけないことについて書いた記事

まとめ

以上でした。

これで「好きなことで生きていく」みたいな文言を見ても悶々としなくて済みます。

キングコング西野さんみたいに「ディズニー倒す」とかは言えませんが、とりあえず「ショートショートと言ったら星新一だけど、最近は会社やめたろーも面白い」とか言われるように頑張りたいです。

そんな感じです。

やめたろーでした。

あー緊張した!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメント

  1. 私も小説書きたいと思っているのですがなかなか進みません。初めは長編小説を書こうと思っていたんですが結果的にショートショートがいいかなと感じています。
    セミリタイア生活が落ち着いたら書いていきたいなあと思います。

    うまく収益化できるといいですよね!

  2. 会社やめたろー より:

    ありがとうございます!
    ショートショートはとても書きやすいので、おすすめですよ!
    慣れると、プロットから完成までトータル3時間くらいで書けると思います。もし挑戦されることになったら、twitterのDMかなにかでご連絡くださいー!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。