十和田市秋祭り2017写真レポート!山車がデカい!!!

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

十和田市では、9月の第1週金曜日〜日曜日にかけて市全体をあげて秋祭りを開催しています。

移住後初めての秋祭り! 見に行ってきましたよ。

スポンサードリンク

秋祭りってなにをやってるの?

十和田市の秋祭りってなにをやっているのかというと、十和田市の中心街でやっているお祭りで、各種踊りが披露されたり、山車の運行など、かなり大掛かりなお祭りになっています。

夏にやっているお祭りよりも多分規模がでかい! 年に一度の大きなお祭りですね。屋台とかもめっちゃ出ているし。

14:00くらいからのお昼の部と、17:30くらいからの夜の部に分かれています。

昼の部

お昼に行われている山車運行は、十和田市の中央にあるアーケード通り(三本木通り)で行われます。

やめたろー
「山車って言ってもそんなに大きくないんでしょ?^^」

デカい(確信)

想像以上に山車がデカいです。

なんか、信号が近づくと届きそうな部分が折りたたまれて信号すれすれを通りすぎていったりしてる。

子供が山車に乗って太鼓を叩いたりしています。楽しそう!

山車のそれぞれで個性がある感じです。これはたぶん、十和田湖にまつわるお坊さんと龍の戦いのやつかな(適当)

実は知り合いのつてで、この山車の制作中の現場を見せていただいたのですが、それはそれは大変そうでした。

一から作っているので、すごく時間がかかっているそうです。龍の鱗とか大変そう!

行列の先頭にいた人。

こういう踊りをしている団体もあります。浴衣を来た人たちがたくさん踊っていて、けっこうすごい迫力です。

地元の農業高校が、課題で作った大根を配ってくれていたり。私も欲しかったけど、写真に夢中でもらえなかった。来年はもらお!

R2-D2おるやんけ! (他の団体でシンゴジラもいた)

夜の部

夜の部は、「官庁街通り」と呼ばれる、市役所とか美術館がある通りで山車の運行や踊りの披露などがされています(日によってプログラムが違って、多分夜の山車運行は中日の土曜日かな?)

夜の部では、「夕暮運行」「夜間運行」といって夜のライトアップされた山車が見れるので、行ってきましたよ!

かっけぇええぇええ! 昼間もいいですが、夜もかっこいいですね!

ガオー

シンゴジラ

大勢の人の間を、山車が運行していきます。

なんだか幻想的ですよね。

太鼓を叩いたり笛を吹いたりするお姉さんたち、めちゃ恰好よし。

屋台も、官庁街通りに沿ってズラーーーーーっと立ち並んでいます。たこ焼きやとか、片側だけで3つあった。

人の顔が写ってしまうのであまり写真は撮れませんでしたが、すごい人出でした!

休日の竹下通りみたいな感じです。

私と妻は、たこ焼きやら唐揚げやら焼きそばやら田楽やらを食べました。あ、あとクレープも!

屋台では必ず焼きそばを食べなければ気が済まないやめたろーでした。

スポンサードリンク

まとめ

十和田市のお祭りは、「サンバカーニバル」だけだと思っていたので、驚きました!

すごく大きなお祭りでした。

そして山車が想像以上にデカい。そして本気。

年に一度のお祭り。来年も楽しみです。

やめたろーでした。

夏の「サンバカーニバル」の様子

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。