帰省先の実家から帰るときのあの寂しい気持ちはなんだろう

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

先日、ちょっと長めに実家へ帰省してきました。

実家に帰ると、ご飯が勝手に出てきたり、洗濯物が勝手に洗濯されたりするので楽です。

でも、一つだけよくない点があります。

それは、帰るときに悲しくなることです。

それが今生の別れというわけではないのに、無性に寂しくなる。

「もしかして親離れ出来ていないのかな?」

と思いましたが、多分そうではなくて。

むしろ自分が大人になったからこそ感じる寂しさなんじゃないかなぁと思っています。

スポンサードリンク

親からもらったものが大きすぎる

私は、両親からとてもたくさんのものをもらいました。

その最たるものが、今こうしてブログを書くことができているこの命です。

命を作ることも大変ですが、命を守ることはもっと大変だったんじゃないかと思います。

自分自身大人になって、自分一人を養うこと、家族を養うことの難しさを知りました。

そんな難しいことを数十年間やり続けることの大変さは、想像に難くありません。

不安に押しつぶされそうなときもあったでしょう。

辛くて、子供の目の前で泣き出してしまいたいときもあったでしょう。

でも、そういう不安や辛さは子供には絶対に見せない。そういう両親でした。

そういう風に育ててもらったこと。これはものすごく大きなことです。きっといくら親孝行をしても返すことができないと思っています。

ですから、帰省先から帰るとき、寂しそうな両親の姿を見て物悲しい気持ちになるのです。

「もっとしゃべればよかったなぁ」

「もっと酒をいっぱい飲めばよかったなぁ」

そんな、「○○すればよかった」が折り重なっていきます。

親孝行ってなんだろう?

親孝行ってなんでしょうか。

今まで両親にしてもらったことに対して、少しでも恩返しをしようとすること。

たぶん、そういう意味だと思います。

そしてそれはとても良いことだと思います。

でも私は、親からしてもらったことが大きすぎて、なにをすればいいのか分かりません。

どこかに連れて行ってあげれば親孝行なのか。

なにかをプレゼントすれば親孝行なのか。

分かりません。

ですから、「自分が親だったらどうか」を考えてみることにしました。

自分が誰かの親だったら、豆粒みたいな状態から育ててきた自分の子供になにをしてもらいたいと思うだろうか。

考えた結果は “なにもしなくていい” でした。

子供が、生まれてきたことを喜んでいて、日々を楽しく過ごしてくれている。

それ以上のことはなにもいらないと考えるだろう。そう思いました。

そりゃあ離れて暮らすのは寂しいかもしれないけれど、それが子供にとって必要なことであればそうして欲しいと思うでしょう。

そして、たまにメールや電話などをくれて、楽しく生きているんだということを教えてくれれば、それ以上なにもいらないだろう。そう考えました。

むしろ、「なにをして欲しい?」と聞かれる方が困るだろうと思います。

なにもして欲しくないのですから。

そう聞いてくれることだけで十分なのですから。

「ありがとう」そして「とても楽しいです」

私は今、とても楽しいです。

仕事が辛くなったり、色々な不安に押しつぶされそうになることもありますが、総じて楽しいです。

青森にやってきて、人が少ない場所で妻と一緒にバドミントンなどをしながら暮らしています。

これから先の人生も楽しみです。

ですから、そういうこと自体を親に伝えていこうと思います。

親からもらったことを全部返すことなんてできません。絶対にできません。それほど大きいものを私は親からもらいました。

返すことができないのならば、それをもらったことに対して「ありがとう」と言おうと思います。

いつもいつも「ありがとう」というのはなんだか恥ずかしいので、それに替わる言葉を贈ろうと思っています。

「とても楽しいです」

そう伝えようと思います。

「今日は餃子を焼きました」

「妻とバドミントンをしました」

「お祭りに行きました」

「文章を書くのが面白いです」

そんなとりとめのないことをメールしたり電話したりしながら、楽しげな毎日を発信していこうと思っています。

それだけが、実家を出るときに感じるあの物悲しい気持ちに報いる、唯一の方法だと思っています。

スポンサードリンク

まとめ

実家を出るときって、ちょっと寂しいですよね。

なんというか、明らかに両親も寂しがっているのが分かるんですよ。

「あなたたち、凹みすぎーーー!!!」ってなります。

私も寂しいですけど。

でもそんなことを言ったら余計寂しい気持ちにさせるでしょう。

ですから、努めて気にしないふりをしながら「んじゃあ〜また来るわー」的な感じでそっけなく帰ります。

それが、やめたろー流、帰省の流儀です。

ではまた、楽しそうなことをしようと思います。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。