根拠のない自信の付け方。自分の”信用銀行”の残高に気をつける

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

私は「根拠のない自信」を持っている方だと思います。

・よく分からないけど行けそう

・多分私ならやれると思う

となんの根拠もないのに思ったりします。

根拠のない自信は、持っていると色々と便利です。

なにか新しいことを始めるときにも特になにも考えずに始められるし、その新しいことについて誰かに批判されても「まー私ならできる気がするし」とあまり傷つかずにすみます。

そんな便利な「根拠のない自信」ですが、身につける方法があると思っています。

スポンサードリンク

自分の”信用銀行”の残高を増やす

突然オリジナルの言葉を使ったりしてB級自己啓発本感が半端ない感じですが、続けていきます。

根拠のない自信を身につけるためには、自分を信用する必要があります。

私ならできそう、私だったら大丈夫。そんな風に思う必要があります。

そうやって自分への信用を増やしていくことを「自分の信用銀行の残高を増やす」と表現しています。

では自分への信用銀行の残高はどう増やすのでしょうか。

小さなことでもコツコツと

信用銀行の残高を増やすためにすること。それは、一度決めたことをやり通すことです。

例えば、私は先月くらいから「やめたろーnovel」として週に一作小説を書いています。

週に一作小説を書くというのは思ったよりしんどくてめげそうになります。

しかし、一度決めたことなので、やり通そうと思っています。

もっと言えば、このブログの更新もそうですね。

毎日更新し続けようと一度思ったのでそれをやり通しています。

このように、自分で決めたことを自分で遂行していくだけで、自分の信用銀行の残高は増えていきます。

小説を書いたりブログを書いたりすることは比較的負荷の高い行動ですが、もうちょっと気楽なものから始めてもOKです。

例えば、毎日決まった時間に歯を磨くと決めたり、布団に入る時間を決める等。

そのように、続けると決めた習慣をしっかりと続けることで、自分の信用銀行の残高は増えていき、最終的には「根拠のない自信」が身についています。

昨日中に終わらせようと思った作業があったのですが、いつも仕事を終える18時になっても終わっていませんでした。

そのまま次の日に繰り越してもよかったのですが、信用銀行の残高を減らしたくなかったので、22時くらいまで作業をして終わらせました。

このように、一度決めたことをなにがなんでもやり通すことを習慣にしておくと、信用銀行の残高は増えやすく、根拠のない自信を身につけやすいです。

最初は無理なく続けられる簡単な習慣から、だんだん負荷の高い習慣に切り替えていって、それをやり通すことで根拠のない自信を身につけていただきたいと思います。

ちなみになにかを続けるのが苦手な方は、こちらの本を読むことをおすすめします。

習慣を続ける方法について科学的に解説してあって、かなり役立ちました。ご参考までに。

まとめ

私は「根拠のない自信」がけっこうあるほうです。

どうしてだろう? と考えた結果、「自分で決めた習慣をやり通す力」に長けていることがわかりました。

自分で決めたことを自分でできる。それが、根拠のない自信につながっていると思います。

もしみなさんが根拠のない自信を身につけたいのなら、最初は歯磨きなどの簡単な習慣からやり通す癖をつけて、自分で決めたことをやり通す経験を積んでいただければと思います。

なんだかえらそうな物言いになってしまいましたが、おすすめの方法なので、ぜひ!

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。