ブログ更新が後回しにならないように私がとっている戦略

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

私はこのブログをだいたい毎日更新しています。

別に誰かに強制されたわけではないのですが、楽しいのでやっています。

先日参加させていただいた「青森ブロガー座談会」の座談会でこんな質問が出ました。

「ブログの更新がどうしても後回しになってしまうのですが、どうやってブログを書く時間を確保していますか?」

ブログは毎日更新したからといってアクセスが必ずアップするものではないし、ログインボーナスもありません。

しかしブログを始めたばかりの方にとっては、「ブログを書く」ということに慣れるために毎日更新するのは有効な戦略ですし、毎日更新することで「なにかしら積み重なっているな」という安心感も得られます。

そんなわけで、曲がりなりにもブログ更新をほぼ毎日続けている私がとっている「ブログを毎日書くための戦略」をご紹介します。

ちなみに、けっこう力技なのであまり参考にならないかもしれません!

では行きます。

スポンサードリンク

ブログを書くのは絶対「朝」がいい

私はこのブログを毎朝6時くらいから書き始めています。

5時に起きてジョギングに行ってシャワーを浴びて、うんぬんかんぬんしてからだいたい6時くらいに書き始める。

今は6時31分です。

私がなぜ朝ブログを書いているのかというと、その方が習慣化しやすいからです。

一日の中で、確実に自分がコントロールできる時間とはいつでしょうか。

それは「朝」です。

昼や夜は、仕事や人と会う約束をしてしまったり、家族との予定があったりして自分ではどうしてもコントロールできない場合があります。

ブログの優先度がかなり高ければいいのですが、ブログは「更新しなくても困らないもの」なのでどうしても後回しになってしまいがちです。

そして、「あとで書こう!」と思っていても結局眠くなっちゃったりして書けなくなってしまう。

であれば、ブログを毎日更新するために有効な戦略は、自分で確実にコントロールできる時間を使うことです。

私にとってそれは「朝」です。

いくら夜更かしをしようが、飲み会で帰りが遅くなろうが、朝起きる時間は自分でコントロールできます。

2時とかまで起きていても、根性で5時に起きれば、先ほどのルーチンを回すことができます。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でこの方法を実践するのは難しいかもしれませんが、少なくとも家族が一定の時間まで寝ている状態の家庭であれば可能な戦略だと思います。

時間制限を設ける

私はだいたい毎朝6時からブログを書き始めていますが、どんなに長くてもブログ執筆にかける時間は一時間と決めています。

一時間でアイデア出しから構成、執筆までを全てこなします。

これは慣れれば全然余裕でこなせるペースだと思います。

時には15分くらいで全て書き終えることも。

逆に言うと、そうやって時間制限を設けて自分を追い込まないと作業時間がダラダラ長くなってしまいがちです。

私の場合、「7時には朝ごはんを食べる!」という妻との約束がありますので、どんな事情があろうとも6時〜7時でブログを書き終えなければいけません。

このように時間を縛るのが、ブログを書き続けるコツの一つのような気がしています。

(最近朝ごはんが遅くなることが多いけどね! 妻ごめん!)

アイデアを書き溜めておく

朝、時間を確保しても、どーーーーーしても書く内容が思いつかないことがあります。

そういう時には、「ブログメモ」と称したevernoteのノートに書いてあるアイデアを参考にします。

基本的にこのブログに書いている内容はこんな感じなのであまりネタに困ることはないのですが、どうしてもなにも思いつかない時や、眠くて全然頭が回らないときがあります。

そんな時に活躍するのが「ブログメモ」です。

日常生活を送る中で、「あ! これブログに書けそう」というものがあったら、すぐにevernoteにメモします。

そして、なにも思いつかない朝はそのメモを参考にして、そのアイデアを膨らませてブログを書きます。

どうしても体調が優れない日や頭の回転が鈍い日などもありますので、このメモ戦略は有効だと思います。

「もしなにも思いつかなくてもメモがあるぞ!」という安心感は重要だと思います。

ちょっと小技っぽいですが、意味はあると思いますのでぜひ!

スポンサードリンク

まとめ

ほぼほぼ毎日更新を続けている私のブログを書くときの戦略についてお話ししました。

・朝書く

・時間を決めて書く

・アイデアを溜めておく

こんな感じですかね。

今日もブロガー座談会の質問を元に記事を書いてみました。

質問されるとそれがそのままコンテンツになって面白いですね!

SHOWROOMとかで質問受付コーナーとかやろうかなぁ。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。