【ブログ運営】リライトの効果がさっそく現れました。実際にやったこと

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

先日、こんな記事を書きました。

このブログは記事数が600記事ほどあるので、リライトする記事はそれこそ星の数ほどあるわけです。

ただその中から、PV数増加や収益性向上に効果がありそうな記事を選んでリライトするのが一番効率が良いと思います。

そんなわけで、私も検索でよく読まれている記事2、3本をリライトしてみました。

するとさっそく効果が現れたので、その時やったことをまとめておきます。

スポンサードリンク

売るものはあるか

ブログの収益って、GoogleAdsenseのようなクリック報酬型広告やnoteなどのコンテンツ販売をのぞけば、あとはアフィリエイトなどによる広告販売料ですよね。

ですから、「売るもの」がある必要があります。

検索でよく読まれる記事の中にも、売るものがある記事と売るものがない記事があります。

売るものがない記事をいくらリライトしても、広告料は入ってきません。

その記事をリライトするとしたら、純粋に検索順位のアップを狙って、PV数増加によるクリック報酬型広告の収益向上を目指すしかないわけです。

要は、もっと検索で読まれるようにしてGoogleAdsenseをクリックしてもらえる確率をあげるということです。

これも立派な戦略ですが、例えばすでに検索一位を取っていたりする場合は、あまり効果がありません。

それよりは「売るもの」がある記事で、その商品やサービスをより売れるようにリライトする方が効果は出やすいです。

ちなみに、念のため書いておきますが、商品やサービスを売るといっても本当に良いものや自分がおすすめしたいものを売るということです。

「検索で読まれている記事に、単価の高い商品の広告ねじこもっと!」とかそういうことではありません。

そうやって無理やり入れた広告はうっとうしいだけで、誰もそこから買いませんし、むしろブログの質を落とすことになります。

その記事の中で「本当に売りたいもの」がある場合は、もっと認知してもらって、買ってもらえるように努力するというわけです。

リード文に結論を持ってきた

私がリライトでやったことは実にシンプルで、その商品を買ってもらうために、広告リンクをクリックしやすい場所に持ってきただけです。

もともと、比較的長文の記事で、文章の後半の方に広告リンクを貼っていました。

文章の構成上そんな感じになっていたのですが、そうするとけっこう途中で離脱する人とかもいて、広告リンクまでたどり着いていないんじゃないかという仮説を立てました。

そこで、まずリード文に、

「先に結論だけ書くと、こうしてこうして、これを試すといいよ」

という文言を入れました。

そうすることで、検索でやってきた読者はほぼ確実にその商品の広告リンクを目にすることになります。

結果、広告のクリック率が上がり、そしてそのままその商品を買ってくれる人が増えました。

一日に100円くらいの収益がコンスタントに生まれるようになったので、それだけで月の収益が3,000円ほどアップしたことになります。これはでかい。

ネットで買う方がお得ということを説明した

あと、もう一つのケース。

その商品は店舗でも買うことができますが、ネットで買った方がお得だよという商品がありました。

リライト前は「これおすすめ!」みたいな感じで書いていただけなのですが、リライト後は「ネットで買った方が安いからおすすめだよ」という書き方に変えました。

すると、それだけでその商品もチラホラと売れるようになりました。

書けば書くほど初歩的なことですが、読者が「買ってみようかな」と思うかどうかなんて、結局これくらいの微々たる差なんだと思います。

ですから、検索で読まれている記事で、本当に良いと思える商品があるのであれば、ちょっとだけそれを書いたくなるような文言をつけてあげる。

これだけのことですが収益性が向上する可能性はありますので、ぜひお試しあれ。

スポンサードリンク

まとめ

読み返すとすごく初歩的で当たり前のことだ!

でも、それだけで日に100円収益が上がるようになったので、結構大きいです。

次は「検索順位が惜しいところにある記事」を検索上位に持ってくるリライトをやろうと思います。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。