ビットコイン(仮想通貨)って今買うべきなの……? っていう疑問に全力で答えてみる

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

番組名は分かりませんが、先日テレビを見ていたら出川哲朗さんの番組で「ビットコインって何!?」みたいな特集をやっていました。

こうしたテレビでビットコイン、仮想通貨が取り上げられるということは、いよいよ仮想通貨というものをみんなが認知し始めたんだなぁ〜と思いました。

日々、Twitterなどを眺めていると

「ビットコイン、一晩で200万円とか胸熱www 億り人続出でしょこれ」

「モナコインやべぇーーー! めっちゃ上がってる! 買い増し買い増し!」

「XEMがいい。これからはXEMの時代が来る」

とかなんとかいう、仮想通貨に関する情報がバンバン流れてきます。

いや、なんなんだよと。なにが「億り人」だよと。

うるせーなぁ! と思っている方も多いのではないでしょうか。

うるさいですよね。分かります。

ただ一方で、

「え? 何? 仮想通貨ってやつを今買っておくとお金が儲かるの?」

「今のうちに買った方がいいの?」

って気になるのも事実だと思います。

そこで、とりあえず仮想通貨をある程度保有していて、積立投資対象とかにもしている私が、仮想通貨についてなにも知らない方の「ビットコイン(仮想通貨)って今買うべきなの?」という疑問について全力で答えてみようと思います。

ちなみに仮想通貨の仕組みとか、なんで価格が上がったりするの? そもそも仮想通貨ってなに? ということを知りたい方には以下の書籍がおすすめです。

この本はとーーーっても分かりやすく、ビットコインとか仮想通貨について説明してくれている本なので、まずは知識を得たいという方は読んでおきましょう。

ちなみに今、kindle版がAmazonの「サイバーマンデーセール」で60%オフになってめちゃくちゃ安くなっているので、kindle版でも良いという方はぜひ今のうちにどうぞ。

スポンサードリンク

仮想通貨ってそもそも何?

まず、「仮想通貨仮想通貨うるせぇけど、結局なんなんだよ!」という方の疑問に答えて行きたいのですが、今はものすごくざっくりと概要だけ書いてみようと思います。

「仮想通貨」とは、以下のような感じのものです。

・インターネット上にだけ存在するお金(のようなもの)

まず仮想通貨は「通貨」と書いてありますが、10円玉とか1万円札のように実際の物質としては存在していません。インターネット上にだけ存在しているお金なのです。

・国に属さないお金

例えば、今私たちが持っている1万円というお金。これは「日本」という国が発行しているお金です。

この1万円札の価値は「日本」という国が保証しています。

だから、1万円札をドルとかユーロとかポンドとかに替えることができるのです。

アメリカ
「この1万円札、日本さんとこで1万円の価値があるのね!? オッケーならウチの100ドルと交換してあげるよ!」

みたいな感じ。

ですが、日本という国に信用がなければ

アメリカ
「は!? 円!? あんなのドルに換えてあげても価値がないからいらない! 円とドル交換しません!」

ってなっちゃいます。

だから、私たちが普段使っている100円玉とか1万円札は、日本という国が信用をなくして崩壊したら、その時点で価値がなくなってしまうわけです。紙くずになってしまいます。

しかし仮想通貨は違います。

仮想通貨はインターネット上に存在する通貨であり、国がその価値を保証しているわけではなくて、使う人みんな(日本人だけじゃなくて外国人とか世界中の人)がその価値を決めています。

1ビットコインの価値がどれくらいかを、全世界の人が監視しているような感じ。

だから、仮に今、1万円札に価値がまったくなくなってしまったとしても、仮想通貨を持っていればそれで外国のなにかを買うことができるようになるというわけです。

・世界中で使うことができる(ようになる予定)

仮想通貨のすごいところっていっぱいあると思うのですが、一番すごいのは「仮想通貨を使えば世界中の国から買い物ができる」ということだと思います。

今までは


「このアメリカにしか売ってない可愛いバッグを買いたい! はい、1万円!」

銀行
「はい。1万円を100ドルに交換しました」

アメリカ
「はい、100ドル受け取りました。バッグが90ドルだから、10ドルの返しです」

銀行
「はい。10ドルを1,000円に交換します」

みたいな感じで「両替」をしなくてはいけなかったのですが、これからは


「このアメリカにしか売ってない可愛いバッグを買いたい! はい、1ビットコイン!」

アメリカ
「はい、1ビットコイン確かにいただきやした! 0.1ビットコインのお返し! まいどありー!」

みたいな感じですごくスムーズに誰とでも買い物ができるようになるのです。

今はまだ仮想通貨を使って買い物はできませんが、これからドンドンできるようになっていく予定です。

すでにビットコインで買い物できるECサイトとかもありますしね。

VALUなどもビットコインでやりとりをしますよね。

そんな感じです。

ビットコインって何?

仮想通貨の話をすると必ず出て来るのが「ビットコイン」という名前です。

では「仮想通貨=ビットコイン」なのかというとそうではありません。

仮想通貨って極端に言えば誰でも作ることができるので、無数に種類が存在します。

その中で一番知名度があるのが「ビットコイン」ということなのです。

ビットコイン以外の仮想通貨が「アルトコイン」とか言われますが、アルトコインには様々な種類があって、有名なところでは、

・イーサリアム

・XEM

・モナコイン

とかがあります。ちなみに今大注目されている「モナコイン」は日本発祥の仮想通貨です。

2ちゃんねるの「モナー」というキャラクターがその元ネタになったりしています。

つまり「仮想通貨と言ったらビットコインが一番有名だけど、他の種類もあるよ」ということです。

ちなみに、今1ビットコインは約200万円で、「200万円も出せないからビットコイン買えないよ!」と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、ビットコインは1ビットコインからではなくて、0.1ビットコインとか、0.01ビットコインとかそういう小さい単位で買うことができるので、100円からでも買うことは可能です。

なんで仮想通貨で儲けることができるの?

ではなぜ、「仮想通貨で儲けた!」「億万長者になりました」みたいな人がいるのかと言うと、仮想通貨は日々、秒単位で価値が上昇したり下降したりしているからです。

私が仮想通貨について興味をもったのはVALUというサービスが始まった2017年の6月ごろでしたが、この頃は1ビットコインの価値は、約30万円でした。

しかし今は、1ビットコインが約200万円もの価値を持っています(2017年12月8日時点)

つまり、ほんの半年前の6月に1ビットコインを30万円買っておけば、なにもせずともそれが200万円になっていたわけです。

なにもしていないのに170万円の利益です。

もっと言えば、半年前の時点で「ビットコインはこれから価値が上がる! だからめっちゃ買おう」と思って300万円分買っておけば、今それが2,000万円になっているのです。

1,700万円、儲かっている計算になります。

ヒョエーーーー! これはすごい! というわけです。

で、ビットコインだけではなくて様々な仮想通貨で同じようなことが起こっています。

ほんの数日前まで数百円の価値しかなかった1モナコインが、すでに2,000円くらいの価値を持っていたり。

そんな感じで、まさにバブルのような状態になっているのです。

スポンサードリンク

じゃあ今買うべきなの?

じゃあ今からでも仮想通貨を買った方がいいのか!? と疑問に思われると思いますが、それは誰にも分かりません。

ビットコインは今、200万円くらいの価値がありますが、これから400万円とかになる可能性もありますし、逆に30万円に戻る可能性だってあります。

冗談抜きで、一晩でこれくらい価格が変動しているのです。朝起きたら50万円上がってるぜ! 下がってるぜ! みたいな。

で、これが今後どうなっていくかは誰にも分からないのです。株とかと同じです。

なにかあれば上がるし、なにかあれば下がる。でもそれを正確に予言できる人なんていないのです。すごく詳しい人とかも「よく分からない」って言っています。

バックトゥザ・フューチャーのビフがデロリアンに乗ってやってきて、

「ビットコインは2018年には1,000万円になるから今のうちに買えるだけ買っておけ」

とか言ってたら話は別ですが(でもあいつの言うことを聞くと馬糞に車で突っ込むことになりそうなのでやめるかも)

もちろん、今私がタイムマシンを持っていたら、半年前に戻って、その時「ちょっとだけ買ってみようかな」とか思っている私に、

「全財産をつぎ込め! そして2017年12月に売れ!」

って言うと思いますが、残念ながらまだタイムマシンは存在しません。

ですから「今すぐにでも買った方がいいぞ!」ということは口が裂けても言えません。

今買ったら値上がりする可能性も十分にありますし、逆に値下がりする可能性も十分にありえるのです。

これまでも、専門家的な人が、

「ビットコインは一旦落ち着く。これからはイーサリアムやね!」

とか言ってたのにビットコインがガンガン値上がりしたりしていますし、これからの値動きは誰にも予想できない。

じゃあ、仮想通貨についてなにも知らない人はこのまま何もせずにいるしかないのかというと、そうでもありません。

2つだけ、取れる戦略があるのです。

それは、

・とりあえず取引所のアカウントだけ開設して、いつでも仮想通貨を買えるようにしておく

・ごくごく少額ずつ仮想通貨を買うことができる「コイン積立」というサービスを利用する

という2つの戦略です。

戦略① とりあえず取引所のアカウントだけ開設する

仮想通貨を買うためには、「仮想通貨取引所」と呼ばれるところの専用のアカウントが必要になります。

楽天銀行とかの銀行口座を持っているだけでは仮想通貨を買うことができないのです。

ですから、みんな取引所のアカウントを開設してそこから仮想通貨を買っているわけなのですが、この取引所のアカウントは作ろうと思ってすぐ作れるものではありません。

「作ろう!」と思って手続きをしても、2〜3日開設までかかったりするのです。

アカウントを開設するには、

1、メールアドレスなどで会員登録
2、身分証明書提出による本人確認
3、本人受取限定郵便による本人確認

など様々な手続きが必要です。これらを全てこなすには数日間という時間がかかります。

ですから、もし明日、

「おいぃいいぃい! ビットコインが200万円から50万円に値下がりしたぜ! 今のうちに買っておいた方がいいぞぉおぉぉおお!」

みたいになっても取引所のアカウントがなければビットコインを買うことができません。

アカウントを開設するために2〜3日費やしている間に元の200万円に戻ってしまうかもしれないのです。

ですから、とりあえず今仮想通貨を買うつもりがなくても、取引所のアカウントだけ今のうちに開設しておいた方が良いと思います。

日本で利用可能な仮想通貨の取引所は以下の3つです。簡単な特徴も書いておきます。

ビットフライヤー

多分、日本で一番有名な取引所です。テレビCMとかもやっていた気がします。ビットコインと一部アルトコインを購入することができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーでアカウントを開設する

coincheck

ビットフライヤーの次に有名な取引所です。ビットフライヤーよりもアルトコインの取り扱いが多いのが特徴です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheckで口座を開設する

Zaif

今のところ、後ほどご紹介する「コイン積立」ができる、唯一の取引所です。今から取引所のアカウントを作ろうかなと思っている方は絶対このZaifからアカウントを作った方が良いです。

Zaifで口座を開設する

取引所のアカウントは、どこか1つのアカウントしか作れないというわけではなく、ビットフライヤーとcoincheckとZaifなど、その他全てのアカウントを開設することだって可能です。

私も上記3つの取引所、全てのアカウントを持っています。

それぞれ、「取り扱っている仮想通貨の種類が多い」とか「手数料が安い」とかの特徴があるので、とりあえず上記の3つくらいはアカウントを作っておいて損はないかと思います。

そして、取引所にアカウントが開設できたら、とりあえず少しだけでもアカウントにお金を入れておいて、すぐに仮想通貨を買えるようにしておくのが良いと思います。

取引所のアカウントに入金が反映されるまで時間がかかるので、あらかじめ1万円ずつだけ入金しておいて、下がった時に買う! みたいな戦略が良いと思います。

そして、もう一つの戦略。これから仮想通貨投資を始めようという方に絶対おすすめの方法が「コイン積立」です。

戦略②今から仮想通貨を始める人は「コイン積立」で始めてみよう

仮想通貨は、本当に秒単位で価値が上がったり下がったりするので、「下がった時に買って、上がった時に売る」ということをしようと思っても、ものすごく難しいです。

それこそ一日パソコンにかじりついて、乱高下するチャートを血眼で見続けなければいけません。

しかし我々にはそんな時間も暇もありませんよね。

そこでおすすめなのが「コイン積立」という方法です。

これは、今のところZaifという取引所だけが行なっているサービスなのですが、要は「毎日ちびちびとだけ仮想通貨を買い続けることができる」というサービスです。

例えば、毎月1,000円ずつビットコインを買うという設定にするとします。

すると、Zaif側が一日に32円ずつとか、ちびちびとビットコインを買い続けてくれるのです。

毎日決まったお金の分だけ買うことになるので、「ビットコインの価値が高いときは少なく買う」「ビットコインの価値が低いときはたくさん買う」という一番お得な買い方ができるのです。

「積立投資」と仕組みは一緒です。

下がった時にだけガッ! っといっぺんに買うよりも、毎日毎日少しずつでも同じ金額を買い続ける方が、将来的に得になる可能性が高いのです。

この考え方は「ドルコスト平均法」とか呼ばれているので、興味のある方は調べてみてください。

以下の記事で分かりやすく解説をしています。

スポンサードリンク

結論:とりあえず取引所のアカウントだけ開設して、毎月1,000円だけでも「コイン積立」を始めよう!

長くなっちゃいましたが、ここまで書いてきた結論は以下の通りです。

・とりあえず仮想通貨取引所のアカウントはすぐにでも開設しておこう

・まずは「コイン積立」から始めよう

です。

3つの取引所に1万円ずつだけ入金しておいて、世間が「ギャーーーー! ビットコインが超下がってる! 買い増しじゃあ!」とか騒いでいる時にすぐ買えるようにしておく。

そしてそれとは別に、毎月1,000円ずつとかだけでもいいので、積立で購入しておく。

今から仮想通貨投資を始める人は、こんな感じで始めてみてはいかがでしょうか。私もそうしています。

ビットフライヤーでアカウントを開設する

coincheckでアカウントを開設する

一番おすすめ!Zaifでアカウントを開設する

まとめ

今、「仮想通貨で億万長者になったぜ!」とか、そんな情報がたくさん飛び交っています。

そういう情報を見ると、心穏やかではいられませんよね。

そこで、仮想通貨についてまったく知らない人がこれからどうすれば良いのかを書いてみました。

とりあえず私は、

・取引所の口座にちょこっとだけお金を入れておいて、いつでも買えるようにしておく

・Zaifで数千円ずつコイン積立をする

というような戦略を取っています。

多分一番リスクが少なくて、かつ仮想通貨バブルの恩恵に預かれる可能性も高い方法だと思います。

「とにかく仕組みから知りたいぜ!」「ちゃんと理解してから始めたいぜ!」という方は、冒頭でもご紹介した以下の本を読んでみてください。サクッと読めますよ。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。