【十和田市】奥入瀬渓流の氷瀑が見られる時期は? 冬の奥入瀬渓流は綺麗だよ!

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

先日、十和田市にある奥入瀬渓流というところの、「氷瀑」を見てきました。

こんな感じ!

氷瀑というのは、「滝が凍る」ということを表す言葉で、奥入瀬渓流では凍った滝や岩などを見る「氷瀑ツアー」なるものも企画されているようです。

私は家から車でブーーンと行ける距離なので、行ってきました!

スポンサードリンク

氷瀑が見られる時期は?

まず、氷瀑の見られる時期ですが、最高なのは1月〜2月くらいのようです。例年、一番寒い時期ですね!

この頃になると滝が完全に凍ったりしているようですが、私が行った12月下旬の時期でも、所々滝が凍っていたり、巨大な氷柱を見ることができました!

氷瀑スポット

奥入瀬渓流には、いくつかの「氷瀑スポット」があります!

これらのスポットで写真を撮るのが良いですね。めっちゃ綺麗ですよ。

まずは「馬門岩」(まかどいわ)というスポット!

これめっちゃすごい!

岩一面に巨大な氷柱がつらなっています。

ここが一番の見所といっても良いかも……。

次に「千筋の滝」(ちすじのたき)というスポットです。

小さめの滝なんですが、氷瀑っぽくなってる! 後述する「銚子大滝」は大きい滝なので時期によっては氷瀑が見られないかもしれませんが、ここ、千筋の滝はけっこう氷瀑しやすそうです。

最後に「銚子大滝」(ちょうしおおたき)です! ここは氷瀑以外でも奥入瀬渓流の目玉スポットの一つです。

氷瀑してねぇや。

銚子大滝はかなり大きめの滝なので、完全に氷瀑しているところを見られるのはやはり2月頃かもしれませんねー。

絵面が寂しいので、銚子大滝の近くに流れている川の写真を載っけておきますね!

マイナスイオン受信しまくり。

駐車場は?

十和田市内から奥入瀬渓流へは、車で一時間弱くらいで行くことができます。雪の日は一時間半くらいかかるかも。

氷瀑が見られる時期はガンガン雪が降っているのでスタッドレスタイヤ必須。雪道はゆっくり走ってくださいね。

駐車場は、こんな感じでちょいちょいあります。

ただ、一つの駐車場は3〜4台くらいしか停められないので、スポットスポットでちょっと停まって見るみたいな感じの方が良いかもしれません。

もしくは、がっつり歩くのであれば比較的手前(市内側)の「石ヶ戸」というところがちょっと大きめの駐車場があるので、そこから歩いてもいいかもしれませんね。

トイレも比較的ちょこちょこあるよ!

スポンサードリンク

奥入瀬渓流に行く前にここで情報収集しよう!

十和田市内から奥入瀬渓流に向かう前には、一回「奥入瀬渓流館」というところにぜひ寄ってください!

ここには、先ほどから出てくるパンフっぽい紙なども置いてあるので、そこで情報収集してから見に行くのが吉。

奥入瀬渓流のガイドマップみたいなやつも310円で売っています。

コケ玉作り体験なんかもできるぞ!

こういうやつです。

コケ玉作りは時期によってはもしかしたらやってないかもなので、もしコケ玉を作りたい場合は事前に電話などで確認してみてくださいね。

電話番号:0176-74-1233

十和田市のおいしいご飯屋さんリンク

その他、十和田市のおいしいご飯屋さんなどの記事書いてますのでぜひー

まとめ

冬の青森はとても寒いですが、それゆえに見れる美しい景色なども魅力の一つですね。

温泉とかもあるしね!

以上! 冬の青森、氷瀑についてでした!

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。