フリーランスになると健康保険料が倍になるってまじ!?

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

フリーランスになったら健康保険料が倍になる件に素直に驚いています。

自分でも「こいつ思ったより馬鹿だな」と思っているのですが、「退職届を出しました」とか言ってから、「フリーランス結構危険じゃね?」と思い始めています。

スポンサードリンク

健康保険、倍になるってよ

今、この本を読んでフリーランスになる準備を進めています。

この中に書いてあったのですが、会社員からフリーランスになると、健康保険料が倍になるらしい。

です。

全然知らなかったよ。会社員って健康保険料の半分を会社が支払ってくれているんだ。
これって常識なんだろうか。

ゆるふわ会社員の私は知りませんでした。

過去記事がバカすぎる

ここで以下の過去記事を見てみたい。

会社を辞める為に最初にすべき事

ここで

健康保険料 \19400(キリッ)

とか書いてるんだけど、おまえ、それ倍になるよ。こんなん笑うわ。

健康保険の任意継続とは

健康保険には、フリーランスの人、というか会社員以外の人が入る

「国民健康保険」

と、会社員の人が○○業健康保険組合といった勤めている会社ごとに入る、いわゆる

「健康保険」

とがある。

この

「国民健康保険」
「健康保険」

どちらがお得なのか?

まず
「国民健康保険」
は、住んでいる市区町村によって、計算方法が異なる。

そして、保険料は「前年度の所得」によって変わる。

前年度の所得が高いと、保険料も高くなり、前年度の所得が低いと保険料も低くなる。

つまり、フリーランスになって一年目は

「保険料は高い。俺は死ぬ」

となるわけです。

しかしここで注目すべきは「任意継続」という制度。

これはつまり

「今入ってる健康保険、そのまま入ってても構わんよ。ただし2年間だけな」

というものです。

スポンサードリンク

「国民健康保険加入」と「任意継続」はどちらがお得?

国民健康保険料は、先ほど書いたとおり市区町村により計算方法が異なる。また、更に前年度の所得によっても異なる。

ですので、いちがいには言えないのが事実。
市区町村ごとに計算してみるのが一番。
市役所などに行けば計算をしてくれるらしい。

ただ、「もうよくわかんねーよ!」という場合は、任意継続を絶対に選ぶべきだ。

なぜなら、任意継続の手続きは退職後20日以内にしなければならないものであり、その後
「やっぱ任意継続してーぞ!」
となっても、不可能だからです。

「むつかしい計算わからんぞ!」
という人はまず任意継続しておくのが間違いない。

まとめ

今回の記事で言いたいのは

・フリーランスになると健康保険料が倍になる

・退職する際は健康保険を任意継続すべき

という事です。

かくいう私は先日人事に提出する書類に
「任意継続はしません」
と書いてしまったので、明日光速で訂正してきます。

そんなん知らないもん! でもこの本読んでてよかった!

終わります。

おすすめ記事

退職届けを出しました。

弱小ブロガーでもnoteが売れるかもと思った理由

今より成長したい会社員が読むべきおすすめビジネス本8選!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。