「締め切りはないけどやりたいこと」は「最優先」にしないといつまでもやらないぞ!

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

どんなタイトルだよ、と思ったのですが、今日は年末年始の書き溜めのためにお昼にブログを書いているので変なテンションでございます。

さっきまで仕事をしていたので、ちょっとビジネスライクな文章になるかも!

というわけで、表題の件ですが。

「そんな急がなくてもいいんだけど、いつかやりたい」

と思っていることってありますよね。

私の場合、コンテスト用のショートショートを書くこと、とかがそれにあたります。

別に、今やらなくても良い、今日やらなくても良い用事です。

しかし、やりたいと思っている。

そういうことって、強制的に「もう絶対今日これやる! やらないと寝ない!」みたいにしないとできませんよって話です。

「そんな急がなくてもいいんだけど、いつかやりたい事」をやるための方法論を書いてみようと思います。

スポンサードリンク

一日のタスクにねじ込もう

最近、ちょっとタスクがアップアップ気味になってきました。

お仕事がたくさんあることはありがたいことなのでがむしゃらに頑張りたいところなのですが、少し頭のキャパをオーバーしている気がします。

そんな私は、毎朝evernoteに「今日のtodo」というノートを作って、そこにタスクを書き込んでいます。

古典的な方法ですが、けっこうこれがうまく行きます。

タスクが一つ終わると、一つ消してみたいなのは爽快感があります。

最近は、「9:00〜10:00 ○○の記事を書く」みたいな感じで、時間まで指定してみています。

不思議なもので、そうやって時間を指定すると、その時間内に仕上げようと頑張れますね。

それでですね。

この、タスクを書き出したものに、先ほどの「そんな急がなくてもいいんだけど、いつかやりたい事」をねじ込むのです。

「16:00〜17:00 コンテスト用のアイデア出し」

みたいな感じで、無理やり時間を作ります。

おそらく、そうでもしないと「そんな急がなくてもいいんだけど、いつかやりたい事」はやりません。

なぜなら、私たち大人は他にいくらでもやることがあるからです。

家事や仕事で、夢は遠のく

例えば、今30分だけ空いた時間ができたとして、なにをやりますか?

私の場合、「年賀状の住所録管理」とか、なんかそんなことをやってしまいそうです。

人によっては「あのメール返信しなきゃ」みたいな人もいるでしょう。

しかし、この「空いた30分でなにができるか」がけっこう大きいと思っています。

例えば私であれば、30分で1本小説のプロットを考えてみる。

私が書く小説はとても短いので、30分もあればプロットができる可能性があります(なにも浮かばない時もあるけど)

30分でも、たとえ10分でも、最優先で「そんな急がなくてもいいんだけど、いつかやりたい事」をやる。

これをやるかやらないかで、今後の人生は大きく変わってくるんじゃないか。そんなことを考えています。

ですから、「そんな急がなくてもいいんだけど、いつかやりたい事」がある人は、常にそれを最優先にする準備をした方がいいと思います。

30分あれば大抵のことはやれますし、もし1時間なければできないことだとしても、それを細かく刻んで30分でできることを用意しておけばいいのです。

どこかに行きたいのであれば、道順を調べて印刷する、とか。もうあとは本当に出かけるだけにするとか。

そうやって、短い時間に「そんな急がなくてもいいんだけど、いつかやりたい事」をねじ込んでいく。

とにかく私は30分あったら1本小説のプロットを考えることを始めようと思います。

そうやってやらないと、いつまでも仕事や家事に時間がとられてしまいそうだからです。

まとめ

「そんな急がなくてもいいんだけど、いつかやりたい事」って案外誰にでもあるんじゃないでしょうか。

「この本を読みたい」というようなことでもいいと思います。

とにかく大事なのは

・それをやる時間を無理やり作っちゃう

・少し時間ができたら最優先でそれをやる

ということだと思います。

単純で誰でもわかっているようなことだと思いますが、これを意識するとしないでは、最終的に到達する地点がかなり違う。

そんなことを考えているのでした。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。