「来月マックスでどれくらい書けそうですか!?」「ご自分のペースで進めてください」と言われた時の嬉しさは異常

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

以前、こんな記事を書きました。

ライターとして仕事をしていると色々と嬉しい瞬間があるのですが、上記の記事で書いたようなこと以外にも、嬉しいことがあります。

なにも、仕事の内容について褒められた時だけが嬉しい瞬間なわけではありません。

フリーランスにとって嬉しい瞬間。それはやはり、クライアントからの信頼を感じた時なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

「来月、マックスでどれくらい書けそうですか!?」

先日、お付き合いさせていただいているクライアント様からこんな言葉をいただきました。

「来月、マックスでどれくらい書けそうですか!?」

これクッッッッッッッッソ嬉しい!

だってこれって意訳すると

あなたにたくさん仕事をお願いしたい

ということですよね。

仕事をお願いしたいということは、私のことを信頼してくださっているということですよね。

これは嬉しい。とても嬉しい。

500万件書きたくなる。

「ご自分のペースで進めてください」

言われて嬉しい言葉は他にもあります。

「ご自分のペースで進めてください」

これは嬉しぃいいぃいぃいぃいぃいいいぃいぃぃぃいぃい!!!

正直、クライアント様の立場からすれば「これぐらいのペースで仕事をしてほしいな」という気持ちがあるはずなんですよ。

私も仕事を発注する側を経験したことがあるので分かるのですが、口に出して言わずとも「これぐらいの時までにこれぐらいの記事が欲しいな」みたいな気持ちは絶対あるはずです。

しかしそこを押し殺して「ご自分のペースで進めてください」と言ってくださる。

これは本当にありがたいなと思います。

そう言っていただけることでこちらも休みの日を調整したり色々やりやすいですし。

そして、自分のペースでやっていいよと言われるということは、それだけ私の仕事のペース取り組み方を信頼してくださっているということですよね。

どれだけ嬉しがらせれば気がすむのか……というレベル。

ライターはなにを言ったら喜ばれるのだろう?

当然の話ですが、こうしたことを言ってくださるクライアント様のことを、私も信頼しています。

ですから、クライアント様のために自分の持てる力を最大限に発揮しています。

さっきみたいなことを言っていただいてばかりでは申し訳ないので、こちらからも何か言いたいのですが、ライター側にどんなことを言ってもらったら嬉しいのでしょうか。

私自身がクライアント側に回った時は、

「やめたろーさんの指示は分かりやすくてお仕事がしやすいです!」

「自分のペースで仕事ができるので、とてもありがたいです!」

みたいなことを言われるととても嬉しかったのを覚えています。

あぁ、ライターさんにとって良い環境を提供できているのかなーみたいな。

もちろん報酬として対価は支払っているわけですが、だからってライターさんにどんな要求をしても良いなんてことはありえませんし、できることならライターさんにも気持ちよく仕事をして欲しい。

そんなことを考えていましたので、さっきみたいなことを言われると嬉しかったです。

今お付き合いしているクライアント様には本当に感謝しているので、これからも少しずつお返しできればいいなぁーと思っています。

スポンサードリンク

まとめ

「来月、マックスでどれくらい書けそうですか!?」

「ご自分のペースで進めてください」

っていう言葉は、本当に言われると嬉しいです。

こんなに信頼を表した言葉はないと思います。

ですから、私からも「私も信頼しているぜ! あなたのこと!」ということを伝えて行こうと思います。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。