青森県の中でも、雪がめっちゃ降るところとそうでもないところがある

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

青森県の冬を初体験しています。

確かに、東京よりも雪はたくさん降りますが、十和田市は青森県の中でもそこまで雪が降る方ではありません(山の方とかはまた違うけど)

結局今回の冬で雪かきをしたのは、2回くらいかな?

青森に住んでるーとか言うと「毎日雪かき大変じゃない!?」みたいなことを言われますが、十和田はそこまですごく雪が降るわけじゃないのです。

青森県に引っ越してきて分かった、雪事情について、ちょっと書いてみようと思います。

スポンサードリンク

南部地方はあまり雪が激しくない

実は青森県ってけっこう広くてですね、天候とか文化もちょこちょこ違ったりします。

私が住んでいる十和田市は「南部地方」と呼ばれる場所で、青森県の中でも南より、岩手県に近い側になります。

もうちょっと北に行くと「下北地方」と呼ばれる場所になって、北西の方が「津軽地方」とか呼ばれています。

南部地方には、十和田市や八戸市と呼ばれるような場所がありますが、このあたりは雪がそこまで激しくありません。

十和田市では毎日のように降っていますが、お昼になると溶けていたり、八戸市では全然雪が降らなかったりします。

ですから、雪かきもあまりやりません。除雪車が入ってくれれば十分かなーみたいな感じです。

雪がたくさん降るのは、津軽地方とか!

一方、青森市や弘前市といった「津軽地方」と呼ばれる地域はめちゃくちゃ雪が降ります。

もうずーーーーっと降っています。道の脇に雪山みたいのできていて、冬の間は道が狭くなっています。

津軽地方に住んでいる方は、たぶん雪かきをかなりの頻度でされているんだろうな〜と思います。

車道も、除雪車が入っていても雪道になっていて、けっこう凸凹していたりします。

いまだに津軽地方での運転に慣れませんね〜。車体がグワングワンなるのが怖いです。

でも気温は十和田市の方が寒かったりする

雪がたくさん降るということは、津軽地方の方が寒いのかと思いきや、実は十和田市の方が寒かったりします。

青森県のお天気とかを見ていると、十和田市が一番寒くなっていてびっくりしたり。

「雪が降る=寒い」というわけでもないようですね。

スポンサードリンク

移住をする時は、現地の人に気候を聞いてみよう!

実は十和田市に来る前に、十和田の人に冬の様子をけっこうリサーチしました。

東京から青森に引っ越すので、やはり雪が心配だったので、事前に調べたのです。

すると、十和田市の人は「一年の数回雪かきするくらいですかね〜?」とおっしゃっていて、実際その通りになっています。

同じ青森県だからと言って、どこもかしこも同じように雪がガンガン降るわけではなかったのです。

しかしそういう違いって実際住んでいる人に聞かないと分からなかったりしますよね。

これから地方移住をする人はどんどん増えると思いますが、その土地の気候などについては、できるだけそこに実際に住んでいる人に聞いて見た方がいいんじゃないかなーと思います。

まとめ

十和田市も雪が降るは降るんですが、青森市や弘前市などとはまた違った降り方をします。

十和田市は雪が少ないけれど、気温が低いので、路面が凍りやすいのが特徴ですね。

同じ青森県でも、天候の面だけとってもかなり大きな違いがあるのだなーと、実際に住んでみて感じたのでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。