ウォーキング(散歩)をするとアイデアが浮かぶというのは本当か?

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

私は今、基本的に在宅で仕事をしています。

朝起きてご飯を食べ、一日中パソコンに向かっています。

ですから運動をほとんどすることがありません

朝に15分くらいの筋力トレーニング(腕立て伏せや腹筋など)をしているのですが、基本的にそれだけです。

筋力はいいとしても、心肺機能が心配になる生活です。

移住してから、雪がない時期はジョギングをしばらく続けたことがあるのですが、雪が降るようになってからは歩道が雪で埋まったりして物理的にジョギングできない状況に。

すっかり運動する習慣がなくなってしまったので、一時間のウォーキング(散歩)をはじめてみることにしました。

ウォーキングをするとアイデアが閃きやすくなるとか言いますが、どうなのでしょうか。

スポンサードリンク

ウォーキングの良さ

ウォーキング、いいです。

そこまで急激に疲れないので、運動を行う前の抵抗感がない。

ジョギングの時は、朝一に走るようにしていたのですが、毎朝ちょっと憂鬱でした。

ジョギングは苦しいので当然ですよね。

しかしウォーキングは、息がちょっと上がるくらいで、苦しくはありません。

ですから手軽にできる。これはいい!

あと、ウォーキングは周りの景色とかを楽しみつつ行えるのがいいですね。

ジョギングだと周りの景色を見る余裕がなかったりするのですが、ウォーキングだと足元に咲いている花を発見したりもできます。

遠くの公園で遊んでいる子供を眺めたり、飽きずにできそうなのがいいところです。

ウォーキングをするとアイデアが浮かぶ

私は小説を書いているので「アイデアを考える」という時間があったりします。

アイデアを練るときは、机の前でウンウン唸るときも勿論あるのですが、だいたい浮かぶのは風呂に入っているときや家事をしているときだったりします。

森博嗣先生の新刊「集中力はいらない」にもありましたが、脳はじっとそのことだけを考えているよりも他のことをやりながら、考えた方が発想しやすい傾向にあるようです。

ですから、料理をしているときなんかはとてもアイデアが浮かびやすくてちょこちょこパソコンの前に戻ったりしています

ウォーキングをしているときもそれと同じような現象が起きていて、頭はなんとなくアイデアについて考えているのですが、足は動かしている。

そして「信号赤だな」みたいな、ぼんやりと別のことも考えているので、なんだかアイデアの発想がしやすい気がするのです。

これはなにも小説のアイデアだけに限らず、仕事のやり方やブログの記事ネタを考えたりなど、色々なことに応用可能だと思います。

家にいたままアイデアを考えると、目の前にTwitterがあったりしてどうしても思考を集中できないので、そういう意味でもウォーキングが効果がありそうです。

あと、単純に運動することで健康にも良い気がするので継続しようと思います。

まとめ

ウォーキングをはじめてみました。

早歩きではないので、ウォーキングというよりはどちらかというと散歩に近い感じですね。

最近本当に運動不足なので、そういう意味でも運動は続けていこうと思います!

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。