小さな成果や報酬が継続の糧になる

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

最近、ビジネス本や自己啓発本でこんな文言をよく目にします。

一つのことにハマって継続しろ

これは正しいアドバイスだと思っていて、一つのことに集中し、ハマり、継続することで技能や実績を得ることができると思っています。

なぜそう思うかと言うと、私も「経験ゼロからライターで生計を立てる!」と決心して、数ヶ月間そのことに没頭する時期があったからです。

そして、とにかくライターとして生計を立てようと日夜そのことを考え実行した結果、「ライターで生計を立てる」という目標を達成しました。

あれもこれもと色々なことに手を出しつつライターになろうと思っていたら、なれていたかどうか分かりません。

一点に集中し、成果が出るまで継続したからこそ得られた結果だと思います。

ですから「一つのことにハマって継続しろ」というアドバイスは正しいと思っているのです。

ただ、一つのことに集中して”継続”するためにはもう一つ条件が必要だと思っています。

それは「小さな成果や報酬が得られるかどうか」です。

スポンサードリンク

小さな成果や報酬がないと継続できない

なにかを継続する時、小さな成果や報酬といった自分へのご褒美がないと、継続は難しいと思っています。

例えば、ブログだったら、最初のアクセスや一日10PVという目に見える成果。

そういう成果を得ることができた結果、「よし、もっと頑張ろう!」と思えるのだと思います。

ライターだったら、初めてもらう500円の報酬、そして月に三万円稼げたという実績。

そういう目に見える小さな成果や報酬がないと、情熱だけでは継続は難しいと思っています。

私は先日ウォーキングをはじめましたが、最近になってようやく少しずつ体重が落ちたり、体力向上を実感できたりしています。

こういう小さな成果があることで「よーし明日からも歩こう! 明日はいつもよりちょっと長く歩こうか」みたいなモチベーションが沸いてくるのだと思います。

目標を決めたら方法とモチベーションの維持についても考える

なにかを継続するからには、目標があるはずです。

「ライターで月20万円稼ぎたい」

「ブログで生計を立てたい」

「ウォーキングで5kg痩せたい」

みたいな感じです。

そういった目標を立てたら、まずはそれをどうやって達成するかという方法を考えると思います。

「クラウドソーシングを使ってライター仕事を始める」

という感じですね。

そこまで決められたらあとは行動あるのみですが、その前に個人的には「モチベーション維持をどうやるか」も考えた方がいいと思います。

ウォーキングを続けるのだったら、毎日歩いた距離や時間を記録しておいて、消費カロリーをエクセルにまとめて成果が見える状態にしておくとか、ブログ運営だったら、毎日アナリティクスを眺めて小さなアクセスでも実績として喜べるようにしておくとか。

そうやってモチベーションの維持をどうやるのかについて考えておくことも、なにかを継続する上では大切なんじゃないかなーと思っています。

まとめ

ウォーキングの成果がちょっとずつ出て来まして、とても嬉しいです。

一日、一時間とか一時間半くらい歩いているので、明らかに足腰が強くなっている気がするんですよね。

あと、たぶん、ちょっと痩せはじめている。

そういう目に見える成果があるからこそ、続けられるよなーと思っています。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。