電子書籍と紙の本の利点を比較する

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

私はkindle Paperwhiteを愛用しています。

また、スマホでもkindleを読みますし、amazonFireタブレットも持っていて、そこでもkindleを読んでいます。

kindleって便利ですよね。
安売りセールとかもしますし、「読みたい!」って思ったらすぐ買って読めるし。

でも、結局本って紙が良くないですか?

スポンサードリンク

紙は「読み進んでる感」があるから良い

紙の本って、読み進めて行くと、どんどんページが進んで行きますよね。

そして

「あっもうこんな所まで読んだのか〜」

「もうすぐ読み終わるなぁ〜」

なんていう事が実感できる。

私は何故か、それが嬉しい。確実に知識が増えていっている感覚なのか、単純に「本を読んだ」という事が実感できるから嬉しいのか。

それに比べて電子書籍は読み進めている感じがないです。

なにかこう、ページをめくる感覚もないし、味気ないんですよねー。

紙の本は付箋が貼りやすい

これは電子書籍とどちらが利便性が高いか微妙な所なんですけど、紙の本は気になった箇所にすぐ、ぺっ! って付箋が貼れるのが嬉しい。

私は「ココフセン」という付箋を使っています。本そのものに付箋ホルダーを貼付けられるのでむちゃくちゃ便利。

電子書籍もタグをつけたりといった機能は当然あるのですが、なにかこう、意図していない場所を選択してしまったりしていまいち使いづらい。

あと「あっさっきの所もっかい読みたいな」と思っても紙なら付箋を貼った所にシュッ! っと戻れるのですが、電子書籍だとページをすぐ行ったり来たりできない。

これが地味にストレスになる。

紙の本は書き込める

私は、けっこう本に書き込みます。後で読んだ時に「その時はそんな事考えていたんだなー」という気がするし、書き込む事で「俺だけの本」感がでる。

これもかなり大きいと思うのですが、電子書籍は書き込みがやりづらい。
メモ機能はあるんですけど、いかんせん入力がやりづらいんですよね。

スポンサードリンク

漫画は電子書籍がいいね!

唯一、電子書籍の方がいいよな〜と思うのは、漫画だ。

漫画は、別に頑張らなくても読めるから、読み進めている達成感はいらないし、付箋もつけないし書き込みもしない。

紙の本ってなんだかんだかさばるし、所有しておく数に限界がある。

特に漫画はシリーズで買ったりするとすぐ本棚がいっぱいになって泣く泣く売りに行くはめになるけど、電子書籍ならかさばらない。

kindleだったらよくセールとかやってるしね!

【2016年4月1日現在】

ぼのぼのが10円だ! 速攻買ったわ!

↓↓10円になっている巻。全部じゃないんだ……。

それはともかく会社辞め太郎が最近大人買いした漫画

(おっギャンブル狂か?)

まとめ

紙の本は

・読むと達成感がある

・付箋がはれる。読みたい所をすぐ参照できる

・書き込みができる

という点で電子書籍よりすぐれていると思います。

ただし、漫画の場合はkindleの方がいいよなー。安売りするし。

というお話でした!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。