電話が嫌いな理由を4つ書いてみる。とりあえず突然かかってこないで欲しい

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

最近「電話が苦手」と言っている人を多く見かけるようになりました。

これは私にとって非常に嬉しい流れです。

なぜなら私も電話がすごい苦手だからです。憎んでさえいます。

会社員時代は、なんでもかんでも電話で連絡をよこす上司とかに

「記録残らないのでメールでオナシャス……」

とか言って面倒がられていました。

ではなぜそもそも電話がそこまで苦手なのか。考察してみます。

スポンサードリンク

突然だから

電話って突然きますよね。

急に「ブーーーーーーーー!!!」とかなる。

これ、黒ひげ危機一発とかよりよっぽど怖いですよね。悪夢そのもの。

もし私が

・もうすぐ電話が来そうな時、電波の流れでなんとなく気配を感じることができる

という能力を持っていたらそこまで怖くないかもしれません。

または、携帯電話が

・電話がかかってきそうになったら、少しずつ温かくなってくる

とかいう機能を持っていたらそこまで怖くなかったかもしれません、

しかしそういう気の利いた機能はないので、電話は突然「ブーーーーーーー!!!」とか言いながらかかってきます。

怖すぎ。

こんなの好きになれるわけない。

もういっそ会いたい。いっそメールがいい

大昔からある伝達方法を捕まえて恐縮なのですが、電話ってなんだか中途半端なんですよね。

直接会って話すほどにはダイレクトに伝わらないし、メールほどには正確に伝わらない。

「もういっそ会って話そう!」とか「もうそれメールでお願い!」ってなります。

もちろん遠方にいる方とお話できるという利点はあるのですが、中途半端感はいなめない。

あとで参照できない

私は普通に記憶力があまりよくない方でして、すぐに忘れます。

電話で話した事とか、緊張してたりするとすぐ忘れます。

だから電話で指示を出してくる偉い人とかすごい苦手でした。

緊張してるから忘れちゃうよ! って思いながら泣く泣く仕事を受けていました。

録音機能とかあるんでしょうけど、それでも文面で記録が残っているメールにはどう考えても参照のしやすさで劣る。

いわゆる「言った言わない」が発生しやすい電話が苦手でした。

電話代が気になる

電話代ってやたら高いですよね。30秒20円とか10円とかします。

自分が電話をかける時も「あぁ、電話代が加算されているぅ!」って思いながら話さなければいけませんし、相手からかかって来ている時も「早く話さなきゃ悪い!」って思っちゃいます。

昔、深夜に同級生とずっと電話をしていたら電話代がえらいことになって両親にめちゃくちゃ怒られた経験から、今でも電話をしながら電話代を気にしてしまいます。

まとめ

電話が苦手です。

・突然だから

・伝達方法として中途半端だから

・あとで参照できないから

・電話代が気になるから

このような理由で苦手です。

今はもろもろの手続きとかに電話番号が必要なことが多いですが、早くなくなってくれればいいと思っています。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。