Kindle Fireで本の文字が読みづらい、読みにくい場合の対処法

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

私は今、ほとんどの本を電子書籍で買っています。その中でも一番多いのが、ビジネス書です。

そして、私は電子書籍をAmazonのタブレット、Kindle Fireで読んでいます。

いつでもどこでもKindle Fireを一台持っていくだけで読書が楽しめるので重宝しています。

しかし一つだけ困るのが、Kindle Fireって読みづらく感じる時があるんですよね。

「やっぱ紙の方が読みやすいなぁ〜」と感じる時があります。

Kindle Fireでビジネス書などの本の文字が読みづらいな〜と感じたら以下のような方法がおすすめです。

スポンサードリンク

文字のフォントをを大きくする

まずはこれ!

意外に知らない方が多いのですが、Kindle Fireって表示する文字の大きさを変えられるんですよ。

電子書籍用のレイアウトになっていないやつはダメなのですが、ほとんどの電子書籍で文字の大きさは変えられます。

Kindle Fireで文字を大きくするには、まず文章のどこでもいいのでタップして、出て来るメニューの中から「Aa」こういうやつをタップします。

すると「フォントサイズ」というメニューが出てきますので、これで文字を大きくするだけです!

文字のフォントサイズを大きくすると、1ページに表示される文字の量を少なくすることができるため、サクサク読めます。

私は、この機能について「目が悪い高齢者用にある機能なんかな」とか思っていたのですが、実は文字を大きくすることで「読み進める感」が出るのもすごくいい感じです。

なんていうか、1ページごとのストレスが少ないので、サクサク読めるのです。

Kindle Fireで本の文字が見えづらいという方はまずは文字のフォントを大きくしてみてください。

スマホで読む

元も子もない! ですがKindle Fireで本が読みづらいと感じる方は、スマホで読む方法もオススメです。

私は基本的に電子書籍をKindle Fireで読むようにしていたのですが、最近外出するときにスマホでも読んでみることにしました。

すると、当然ながらスマホの方がKindle Fireより画面が小さいので、スマホ用に適した文字数で読むことができます。

さっきの「文字フォントを大きくする」と同じ効果ですが、スマホ用に表示された文字数だと驚くほどサクサク読めます。

なんていうか、1ページごとの文字数が少ないのでスライドするのが楽しくてサクサク読めるんですよね。

これ本当にオススメなので、Kindle Fireでいつも本を読んでいる方は騙されたと思ってスマホで読んでみてください!

スマホだったら持ち運びも軽いですし、サクサクっと読めて読書が捗りますよ。

まとめ

Kindle Fireで本が読みづらいのって、結局「文字が小さすぎるから」に尽きるんですよね。

1ページあたりの情報量が多すぎて読みづらいし読むのが嫌になっちゃう。

しかし電子書籍であれば、文字を自由に変更できます。これを利用しない手はないかなーという感じです。

そして!

Kindle Fireよりも軽いスマホで読むのが実は良かったりします。

最近私はKindle Fireが手元にあるけどあえてスマホで本を読むようにしています。

漫画なんかはKindle Fireの方が読みやすいですけどね。

そんなお話でした!

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。