「コミックスの表紙でネタバレする」という謎の現象について

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

皆さんは漫画を読むとき、コミックスで読む派ですか? 雑誌で読む派ですか?

私は断然コミックス派です。

雑誌はあまり読みたくない漫画も一緒に載っているし、毎週とか買わないといけないので辛いので、コミックスでその作品だけガッ! と読むのが好きです。

コミックスは毎回表紙や裏表紙、さらにはカバー裏なんかにも特別な絵が描かれていて、コミックスならではの嬉しさもあります。

しかし一個だけ、コミックスで漫画を読む際に気をつけなければいけないことがあります。

それは、

「コミックスの表紙でネタバレしている漫画がある」

ということです。

スポンサードリンク

表紙でネタバレする、とは

先日、ある漫画をレンタルして一気に読んでいました。

それはちょっとミステリー系の漫画で、「次の裏切り者は誰だ!」「敵の首謀者は誰だ!」みたいな感じで謎が謎を呼んでワクワクする面白い漫画でした。

しかし、数冊読み終えて、次の巻を読もうと思った時に事件は起こったのです。

コミックスって、開いた1枚目とかに表紙の絵が扉絵みたいな感じで印刷されているじゃないですか。

ですから、仮に表紙をあまり見ない人でも、表紙のイラストは見ることになると思うんですよ。

で、その漫画の表紙になにが描いてあったかというと、犯人が描いてありました。

それまで黒幕っぽいやつが身につけていたマントみたいなやつを、主人公の仲間が着ていました。

つまり、「その仲間が実は黒幕だよ!」ということなのですが、問題はそのコミックスの前の巻までは誰が犯人かわかっていなかった点です。

今回のコミックスの中盤くらいで犯人が判明して「えぇー! こいつだったの!」となるはずだったのですが、コミックスの表紙にガッツリ犯人が描いてある。

扉絵を見た瞬間、「ファッ!?!?」ってなりましたよね。

表紙でネタバレするのは、「雑誌も読んでいるけどコミックスも買っている」という人以外にはまるで優しくないですよね。

こっちは「誰が犯人だろー☆」ってワクワクしているのに、突然表紙に犯人が描かれている。

コミックス勢に対する重大な過失だと私は思います!(真剣)

たまにある

この現象、比較的珍しいのですが、たまにあるんですよ。

けっこうミステリー系の漫画に多いような気がします。

「おい! なんでそれ表紙に描いた!」ということが多いです。

また、犯人をそのまま描いちゃうとはいかないまでも、個人的には「新キャラを表紙に描く」のも避けていただきたいです。

先に表紙に新キャラを描かれてしまうと、「あーはいはい。こういうのが出てくるわけね」と若干ネタバレされた気になるというか、若干読む気が失せます。

これは本当によくある。

こっちは気にならない人も多いかもしれませんね。

匂わすのはOK

ガッツリ表紙に犯人を描くのはダメですが、ちょっと匂わすくらいならOKです。

実は背景が逆さまにすると不穏な感じだったり、そのキャラの身につけている時計が実は意味があったり、そういうのは大好物です。

そういうのはむしろ、バンバンやってほしい。

そして、後になって「あぁ〜この表紙そういう意味か!」ってなりたい。

そんな風に、コミックスの表紙に一家言ある私なのでした。

スポンサードリンク

まとめ

それまで謎とされていた人物が、ババァーーーン! と表紙に登場している現象に名前をつけたいです。

けっこう多いんですよ、こういうの。

コミックスの中では犯人明かしをしていても、表紙を見る段階ではまだ犯人がわかっていない状態なのに、ババァーーーン! と犯人が描かれている。

できればこういうのなしにしてほしい! がっかりするから!

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。