人からおすすめされた本や映画ってなんで面白くないんだろう

その場のテンション

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

 

私には非常に困った特性があります。

 

それは「人からおすすめされた本や映画が楽しめない」という特性です。

 

例えば、誰かに、

 

「○○って本、すごくよかったよ〜。おすすめ!」

 

と言われたとします。

 

面白い本は常日頃から探し求めているので、おすすめされること自体は嬉しいのです。

 

しかし、そのおすすめされた本を読んでみても、なんだか期待はずれ。面白くない。

 

そう感じることが多いのです。

 

確率は80%くらい。「本当に面白かった!」というパターンの方が少ないのです。

 

これはかなり不思議です。

 

おすすめされないで、普通に読んでいたら面白かったのか?

 

それとも、そもそも面白くなかったのか?

 

気になる問題なので、理由を言語化してみることにしました。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

理由① ハードルが上がるから

まず、大きな理由の一つは、おすすめされた本や映画のハードルが上がるからだと思います。

 

人にわざわざおすすめしてくるような人は、かなりその作品に思い入れがある状態です。

 

「もうすんごい面白い! 誰かにおすすめしたいー!」

 

みたいになっています。

 

ですから、おすすめされる時もかなりの熱量で迫られます。

 

「マジ、ぜってぇ読んだ方が(観た方が)いい! ここ数年で一番面白よ! マジで!」

 

みたいな感じで来ます。

 

そうするとこちらも、

 

「数年で一番ンン!? それは相当面白いんじゃないか!? 熱中できる良い作品なんじゃないか!?」

 

とすごい期待します。

 

そしてそのボルテージはその本を読むまで、映画を観るまで高まり続けます。

 

そんな状態で読んだり観たりするものだから、その作品に対するハードルは上がりまくっています。

 

100点満点中、100点を期待してしまいます。

 

そして、結果的に90点だった場合、90点でも十分良作であるにも関わらず

 

「なぁ〜んだ、さほどでもないな」

 

と、マイナス10点分の方が気になってしまうのです。

 

普通に考えれば90点でもそこそこ高い点数なのに!

 

しかも、一度そう思ってしまった作品に対する信頼は急速に失われ、半分くらい読んだり観たりした段階で「思ったより面白くない」という気持ちフィルターが発生し、本来90点だったものが75点くらいの評価になってしまったりする。

 

この“ハードルが上がること”が人からおすすめされた本や映画が面白くない大きな理由だと思います。

 

理由② ネタバレするから

ネタバレ、と書きましたが、さすがに「犯人は○○でびっくりするから!」というヤバいネタバレをしてくる人はそうそういません。

 

「最後に主人公がヘリコプターからなんとか脱出するところが最高なんだよ〜!」とか言う人もあんまりいません。たまにいるけど。

 

私の考えるネタバレは、

 

「最後にどんでん返しがあるから! 伏線やばいよ」

 

と、こういうやつです。

 

 

・どんでん返しがある

・伏線がある

 

という情報そのものが、すでにネタバレだと思ってしまうのです。

 

そういう複雑な本や映画なんだったら、こっちも気をつけて読んでやろう、観てやろうと身構えてしまう。

 

すでにこの状態がネタバレされている感覚に近いのです。

 

なにも知らずに、気楽な気持ちで観ていたら「えっ!?」と驚けていたかもしれない映画も、「どんでん返しがあるよ」と言われてしまったら警戒して観ることになります。

 

そしてその上、結局どんでん返しがあってだまされて、それをおすすめしてきた人に伝えた結果、

 

「でしょー!? あれやばかったでしょ!? 言った通りだったでしょーw」

 

とか言われると「チィッ! だまらっしゃい!」ってなってしまいます。

 

自分で書いてて子供っぽい!

 

理由③ 出遅れた感があるから

なんというか、「すでにその人は読み終わっってる、観終わっている」ものに魅力を感じづらいというのも、理由の一つかもしれません。

 

例えば、世間的にあんまり有名でもない映画を観て、それがめちゃくちゃ面白かった場合、

 

「なんだこの映画!? 面白い!」

 

ってなると思います。

 

でも、すでに誰かが面白がっていたら、

 

「ふーん。まぁ、それなりにいいね」

 

みたいになっちゃうのです。

 

例えば、「君の名は」が、まったくの無名映画だった場合、

 

「なにこの映画! いいじゃん! 映像も綺麗だし、歌もいいね!」

 

となっていたかもしれないのに、やたらと人やらテレビからおすすめされると、

 

「まぁ〜〜〜確かに面白い! けど、言うほどなのか!?」

 

みたいになってしまう可能性があります。(ちなみに私は「君の名は」を比較的初期の方に観れたので普通に楽しめました)

 

たぶんこれは私だけの特性だと思います。あまのじゃくなんですよね、基本的に。

 

誰もまだ知らない、面白いと思っていない作品を見つけ出したいという無駄な欲求があるのです。

 

まとめ

人からおすすめされた本や映画が面白くない問題について考えてみました。

 

人からおすすめされた本や映画が面白くないのは、

 

 

・ハードルが上がるから

・ネタバレするから

・出遅れた感があるから

 

 

なのかなぁ〜と思いました。

 

この問題、ぜひ他の人の意見も聞いてみたい!

 

みなさん、普通に楽しめるのかなぁ〜? 疑問です。

 

やめたろーでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました