旅レポの書き方で重要な3つのポイント

ブログ運営

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

 

先日、このブログでは珍しい旅レポを書きました。

 

 

こちらはタイトルを見ていただければわかる通り、一応検索で読まれることも意識して書いた記事です。

 

「高知に行くけど、観光ルートどうしよっかなあ〜」と考えている人向けです。

 

さてそんな旅レポを書く上で、「こうした方が読者のためになる」と考えたポイントがいくつかありますので、書かせていただきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

写真は多ければ多いほどいい

旅レポと言えば、写真ですよね。

 

私はブログを書く者としてもっともいけない「写真をあまり撮らない」という素質を持っているのですが、旅レポを書くのならやはり写真はいっぱい撮っておいた方がよいでしょう。

 

旅レポに関して言えば、読者が求めているのは文字情報ではなく写真や動画などの視覚的情報です。

 

「現地はどんな感じなのかな」という疑問に答えるためには、写真や映像に勝るものはありません。

 

ですので旅レポを書くときは、とにかく写真をたくさん載せることを意識した方が良いでしょう。

 

公式ページなどへのリンクもたくさんつける

旅レポを検索で読む読者は、旅に関する情報を求めています。

 

ですから、今書いている自分の記事以外にもいろいろな情報を集めたいと思っているはずです。

 

例えば、「○○という場所がおすすめです!」と書くのであれば、その○○の公式ページや「食べログ」などのリンクを貼ってあげると親切です。

 

実際に行こうと思ったときに、営業時間やアクセスを調べるために公式ページや食べログを見ることって多いですよね。

 

ですからそれらのリンクを貼ってあげた方が親切というわけです。

 

営業時間やアクセスを自分で転記しても良いのですが、手間がかかるので私は公式ページへのリンクをなるべく貼るようにしています。その方が情報の正確性が保てるかなという理由もあります。

 

Googleマップの埋め込み機能を使う

旅レポを書くまで全然知らなかったのですが、Googleマップには「埋め込み機能」があります。

 

これは、Googleマップ上の任意の場所を示したGoogleマップを、記事に埋め込める機能です。

 

「東京タワー」だとこんな感じです。

 

 

これは、旅レポの読者が「ここ行きた〜い」と考えたときにこの上なくありがたい情報になります。

 

私も今回の高知への旅でいくつかの旅レポを参考にしたのですが、実際にそれがある場所が分からず、自分でGoogleマップで調べる場面がかなりありました。

 

そうしたときに、すでに記事内にGoogleマップが埋め込まれていればとても便利だなと感じたので、間違いなく効果はあると思います。

 

まとめ

私が旅レポを書くときに気をつけたいと思っているのは

 

・写真はなるべく多く載せる

・公式サイトなどへのリンクを貼る

・Googleマップを埋め込む

 

の3つです。

 

今回は自分で旅レポを書く前にいろいろな旅レポを読んでいたので、こんな感じが読者のためになるかなーと考えながら書きました。

 

こんな感じです!

 

関連リンク

スポンサードリンク
関連コンテンツ



ブログ運営
会社やめたろーをフォローする
スポンサードリンク
会社やめたろー公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました