Twitterのタイムラインを二日分見逃した焦りとそれがどうでもよくなるまで

その場のテンション

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

 

先日、一泊二日の旅行に行ってきました。

 

その旅行中はほとんどスマホを見れず、Twitterのタイムラインを追うことができませんでした。

 

家に帰ってきたあと、

 

「やべ! 見逃したタイムラインの中に重要な情報があったかも!」

 

と躍起になってタイムラインを追っていたのですが、いくら読んでも終わらないし、急にどうでも良くなりました。

 

その理由についてお話します。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterの情報を重視しすぎている私

私は家にいる時、まぁまぁTwitterを眺めています。

 

仕事の息抜きと称してちょこちょこタイムラインを眺めては色々な情報を受け取っています。

 

Twitterは情報の速度が早く、その時なにが流行っているのか、どんな新しいサービスが出たのかなど様々な情報を得ることができます。

 

テレビやネットニュースなどをあまり見ない私にとって貴重な情報源です。

 

だからこそ旅行でタイムラインを追えなかった私は帰宅してから必死でタイムラインを読み返していたわけですが、あまりに情報が多く、急にどうでもよくなりました。

 

本当に重要なら今も誰かがつぶやいている

なぜ私がそんなに必死になってタイムラインを追っていたのかというと、最近で言うと「VALU」や「CASH」のような、まさに彗星のごとく現れてトレンドになるサービスなどを知らないとまずいなーという焦りからでした。

 

最近は本当に突然新しいサービスが立ち上がって、突然盛り上がります。

 

私はできればそれを早めに察知し、実際に触れることで新しい技術やトレンドに対する知見を蓄えておきたいなと思っています。

 

ですから一番情報が早い(と私が思っている)Twitterのタイムラインはできれば見逃したくないと思っていたのです。

 

しかしよくよく考えればそれほど重要な情報ならば、タイムラインを見返している今だって誰かがつぶやいているはずだし、もしタイムラインの皆さんが平常運転ならば特に新しいなにかが生まれているわけではないということです。

 

ですから、わざわざやたらと時間をかけてタイムラインを見返す必要はないのです。

 

そう気がついて、タイムラインを躍起になって見返すのはやめました。

 

めぼしい人のブログを読めばいい

もしそれでも、

 

「あぁ〜〜でも旅行中の二日間でなにがあったのか知りたいよぉ!」

 

と思うのであれば、情報の鮮度が高いブログを自分なりにピックアップして読めばいいだけです。

 

あとは、この人のつぶやきだけは読みてぇーぜ! という人がいればその人のタイムラインだけ追いかけてもいいわけですし。

 

そんな感じでタイムラインを全て読み返そうと思っていたことが、急激にどうでもよくなったのでした。

 

まとめ

一泊二日の旅行に出たあと、未読のタイムラインがかなり溜まっていたので、ヒーコラ言いながらタイムラインを追っていました。

 

しかし、なにか重大なことがあれば今も誰かがつぶやいているはずだし、それがないということは別に対してなにも起こっていないんだと気がついてタイムラインを追うのをやめました。

 

どうしてもチェックしておきたいブログやタイムラインは個別に追えばいいわけで、全てを読み返す必要はない。

 

そう気がついて、タイムラインを追うことをやめたのでした。

 

タイムライン追うのやめたろーになりました。

 

……。

 

おわります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました