【フリーランス日記】フリーライター兼ブロガーが最初に悩む事

フリーランス

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

 

4月1日からフリーライターとして働き始めました。

クラウドソーシングのランサーズで活動しています。

 

まだ一日の流れをうまく構築できず、試行錯誤の毎日を送っています。

 

そして、このようにブログを書く事も継続しています。

 

会社員時代は、朝、出勤前にカフェに寄って記事を書くというような事をしていたので毎日書けていたのですが、そういう強制的に書くスケジュールみたいなものをどう一日に組み込もうかなーと今考えています。

 

 

 

そんな事は置いといて。

 

 

 

 

ブログ書くのって予想以上に楽かったんだな!

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「書きたい事を書く」のと「書きたくない事を書く」速度

 

以前どこかで書いたような気がしますが、私は1000文字程度のブログ記事なら15分くらいで書く事ができます。
ただしそれは純粋な文章という意味であって、タグをつけたり「アップする」までにもう少し時間がかかりますが。

 

そして今、仕事としてのライティングの文章生産速度を計っているのですが、明らかに2倍以上遅くなっている。

 

1000文字生産するのに30分くらいかかってしまっている。

 

理由は明白で、ブログは「書きたい事」を書いていて、ライティングは「特に書きたくない事」を書いているからだろう。
ライティングは調べものをしたりしながら書くしね。

 

ただ、その中で唯一救いなのは、私は単純に文章を書く事が好きなので、そういった「書きたくない事」でも完成した時は「良い文章かけたな」と一定の嬉しさは感じる事ができる事です。

 

ブログ書きてぇ! ってなる

 

さて、表題の件についてですが、せかせかライティングの作業していると「ブログ書きてぇ!」ってなります。

 

そもそも会社員時代も「ブログ書きてぇ!」ってなる事はもちろんあったのですが、今は毎日のように思っています。

 

やっぱり、ブログで、自分の考えとか伝えたい事とかを文章として伝えるという行為そのものが好きなようです。

 

有り体に言えば、「書きたい事を書くのが楽しい」という当たり前の事が真に迫っている感じです。

 

「ブログを書く」事を一日のスケジュールに組み込む

 

ただし、ブログは「書きてぇ!」んですが、なにしろ一日パソコンに向かって何か書いているわけですから、きちんと「ブログを書く時間」をとっておかないと毎日書けなくなる気がする。

 

というわけで、会社員時代と同じく朝、ブログを書く時間を設ける事にしました。

 

具体的に言うと朝ご飯を食べる前ですね。

 

 

 

 

おまえは次に「まさに朝飯前ですね」と言う!

 

 

 

(言わない)

 

 

まとめ

「特に書きたくない事」を一生懸命書いていると「書きたい事」を書きたくなるというお話ですね。

 

そして、「特に書きたくない事」と「書きたい事」を書く速度には2倍以上の違いがある。

 

フリーランスはスケジュールを自分で組みますが、私は朝ご飯を食べる前にブログを書く事にしました。

 

 

 

 

まさに朝飯前ですね。

 

 

 

 

はッ!?

 

関係ないけどジョジョではジョセフが一番好きです。4部でボケた時はひとしきり泣いた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました