風邪をひき始めで確実に治す3つの方法

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

風邪を引きました。

いえ、正確には風邪を引き始めで治しました。私はけっこう風邪を引き始めで治すことが多いのですが、いつも実行している方法があります。

これを実践できる環境にない、という方はなかなか難しいのですが、逆にこれを実践できれば風邪はひき始めで治ると思います。

スポンサードリンク

寝る

これが、「実践できる環境にない」と述べた理由なのですが、とにかく寝れることが大事です。

とにかく寝れるとは、つまり1日寝ていられることです。ですので、どうしても会社に行かないといけない、仕事をしないといけないという場合には難しいかもしれません。

風邪のひき始めの予感を感じたら、とにかく寝る。

ご飯を食べたりお風呂に入ったりといった行動以外では、とにかく横になって寝ている。

風邪をひくと、体内でウイルスとの戦闘が開始されます。

この時、体力が足りないと体内の細胞がウイルスに負けてしまってどんどんウイルスが増えていきます。

逆に、いっぱい寝て体力をどんどん回復すると、体内の細胞がどんどんウイルスを倒してくれます。

ですので、風邪のひき始めを感じたらとにかく寝ましょう。

体温を上げる

体温は、一度上がると免疫力が5倍になると言われています。

つまり、体を温めてあげると、体内の細胞の戦闘力が5倍になるというわけです。

ですので、風邪をひき始めたなと思ったら、吸水性の高い肌着を着た上に重ね着しまくりましょう。

頭が朦朧とするくらい厚着してしまうとあれなのですが、平静を保てるぐらいの重ね着をしましょう。

ビタミンCをとる

体内でウイルスと戦ってくれる細胞は、白血球です。

そしてその白血球を活性化してくれるのがビタミンCです。

ビタミンCをとりまくることで、体内のウイルスに対する戦闘力が飛躍的にアップして、風邪がすぐに治ります。

ビタミンCの摂取方法でおすすめしたのが、飲料で摂取する方法です。

まずこれです。一本でビタミンCを1,350mgも含んでいます。

これは、一本で1日の摂取量を満たしちゃうくらいの量です。

私は風邪をひくとこのキレートレモンを2、3本一気飲みして寝ます。まず、これで治ります。しかもうまい!

これはもう単純においしいですね。こちらは、500mlで、ビタミンCが1,000mg含まれています。

キレートレモンに比べるとちょっと劣りますが、風邪をひいているときは炭酸飲料がおいしいですし、CCレモンも飲みまくります。

あとはこいつですね。サプリです。

1日の摂取量は2粒で、1粒につき500mgのビタミンCが含まれています。

手軽さでいったらこいつが一番です。

ちなみに私は上記3つ全てを摂取しています。

スポンサードリンク

まとめ

風邪を引き始めで治す方法は

寝る

体温を上げる


ビタミンCをとる

この3つです。これでだいたい治ります。私はいつもこれで治しています。

そして、ここまで書いて気がついたのですが、以前にも同じような記事を書いていて、しかもそっちの方がかなり詳しく書いていました。

とりあえずリンクをはっておきます。

風邪の治し方。早く治したいなら覚えておきたい3つのポイント
どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。 先日、風邪をひきました。 「風邪の治し方」でググりまくったので、ここにまとめるとします。 病院に...
スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。