どうしてもブログが書けない、ネタがない時にどうするか

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

私はこのブログを、基本的に朝一番に書いています。

朝起きて、トイレや顔を洗ったりなど必要最低限のことを済ませたらパソコンの前に座る。そういうことをしています。

だいたい1時間くらいで投稿まで終わることが多いですが、まれにまったく書くことがない時があります。

ひどい時には30分以上パソコンの前にいるのに、一文字も書けないときもあります。

そんな時にどうするか、私の場合の事例を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

過去記事を読み返す

ちょうど半年くらい前の、過去記事を読み返します。

すると、その時とは違ったアプローチでそのことについて考えられる時がある。時には、考え方が180度変わっているような時もあります。

人間なので仕方がないですね。

そういう場合はそのテーマについてもう一度書いてみるのです。

自分の思考を留めておくブログとしての役割という意味で、とても正しい活用法のような気がします。

ネタ帳を見る

私は日頃から、evernoteにブログに書こうと思うことについてメモをしています。

そして、書くことがない日はそのネタ帳から引っ張ってきます。

ネタ帳に書いたことはだいたいほとぼりが冷めていて、熱い文章をかけないことが多いですが、それでも書くことがないときには最強の助っ人になります。

ブログが書けないことを書く

今の状態ですね。ブログが書けないということについて書きます。

書けないということはそれなりに理由があるわけで、それを書きます。

例えば

・外部からの刺激が少ないからネタがない

・考えるのが億劫になっている(思考力が落ちているからネタが見つからない)

とか、そんなような原因がわかれば、じゃあどう解決したらいいか、そういうことも書けます。

ブログはなんでもネタになるところがすごいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

「やべぇ今日まじでなんにも書くことがないぞ!」という日がたまにあります。

そういう時、どうするかを書いてみました。

人間は常になにか思考していますから、本来ブログのネタに困るなんていうことはないはずです。

しかしどう考え抜いても書くことが出てこない時は、上記のような方法を試しています。

ただ、常にネタをストックし続けることが一番だと思うので、もし毎日書くことを目標にしている方がいらっしゃいましたらネタストックを一番大事にした方が良いと思います。

そんな感じでした!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。