大人になるとゲームがつまらない理由。ゲームは無駄なんかじゃない!

その場のテンション

どうも、やめたろー(@kaishayametarou)です。

 

突然、超雑記的内容を書いてみますが、「大人とゲーム」について。

 

よく「大人になったらゲームがつまらなくなった」ということを言っている人を見かけませんか? もしくはご自分でそう思ってはいないでしょうか。

 

なにを隠そう私もそう思っている人間の一人なのですが、大人になるとゲームがつまらなくなると言う人の中には「ゲームなんて無駄でしかないから」と言う人がいます。

 

その意見には、完全に異議を唱えたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ゲームは無駄じゃない!

「ゲームは無駄派」の人たちによると

 

 

「ゲームがうまくったって日常生活に活かせないだろ」

「主人公のレベルが上がっても自分のレベルは上がらないしぃ〜w」

「ゲームするなら本とか読んだ方が自分のためになるしぃ〜」

 

 

ということらしいのだけれど、言っていることは間違いないと思います。

 

しかし、では「ゲームがまったく無駄」なのかというと、そんなことはまったくないと思います。

 

例えば、RPGなどストーリーのあるゲームをやって感動するということがあると思います。

 

私の場合、「Final Fantasy4」をやって、ラストバトルの時に過去の仲間が次々に現れて主人公達を助けてくれるくだりでめちゃくちゃ感動しました。

 

「仲間って、えぇなぁ……」

 

と小学生の私は仲間を信頼する大切さを学んだのです。

 

また、「ドラゴンクエスト5」では

 

「ビアンカとフローラとルドマンの中から一人選ばなくちゃいけないなんて……! くぅ!」

 

とか言いながらゲームをプレイし、主人公たちが結婚して、子供が生まれてという壮大なストーリーをなぞるうちに「人生ってこれからまだ長くって、楽しいことが色々起こりそうだなぁ」とワクワクしました。

 

このように、幼少期の私はRPGで多くのことを学びました。

 

一方、「ツムツム」みたいな、ストーリーもへったくれもないゲームは無駄かというと、そんなことはありません。

 

「ツムツム」ですとか「LINEPOP」みたいなあんまり頭を使わないゲームでも、それに没頭することで思考を整理し、頭をすっきりさせる効果があるそうです。

 

もちろんやりすぎは厳禁ですが、ある程度ならばそういう癒し効果がある。だから、無駄じゃない。

 

あとは、誰かと一緒にプレイする「格闘ゲーム」や「桃鉄」「マリオカート」みたいなゲームはもう説明する必要もありませんね。

 

誰かと一緒にワイワイ楽しめるゲームは、ストレス解消の手段になります。

 

だから、ゲームは無駄というのは間違いなのです。

 

なぜゲームを楽しめなくなったのか

ではなぜ、大人になるとゲームがつまらなく感じるのか。

 

それは、大人は子供よりやるべきことが多いからです。

 

例えば「仕事でお金を稼ぐ」「勉強する」「子育てをする」、そんな、色々な「やらなくちゃいけないこと」が私たちの周りには溢れています。

 

そして、そういう状況の中でなにも考えずにゲームをしてしまうと

 

「うぅ、そんなことよりもっとやらなくちゃいけないことがあるのに!」

 

とゲームに反発する気持ちが心のどこかに芽生え、ゲームを楽しめなくなってしまいます。

 

「やるべきこと」をきちんと、100%やれていれば、ゲームをきちんと楽しめます。

 

ゲームを楽しめないということは、他のことをきちんとやっていないということに他なりません。

 

子供でいうと、宿題が山積みのまま、ゲームを起動してしまっているような状態です。

 

「やらなきゃな」と頭の片隅で思いながら逃避行動として行うゲームは面白いわけありません。

 

子供の頃は、大人ほどシビアにやらなければいけないことが存在しませんでした。だからゲームをやることに疑問を持つこと自体が少なかったはずです。

 

しかし私たちは大人になり、やるべきことがたくさんできました。

 

そうすると、ゲームを優先して良い機会自体が減って、無理やりにゲームをやって「なんかつまらない」と思うことが増えて「大人になったらゲームがつまらなくなった」と勘違いをしてしまうのです。

 

ゲーム自体は、昔と変わらず面白いです。

 

ゲームがつまらない、ということはそれ以外に全力になれていないサインなだけなのです。

 

そんなことを、日曜日の深夜に「Final Fantasy 10」と「Final Fantasy 8」のエンディングをyoutubeで観て号泣しながら考えました。

 

まとめ

大人になるとゲームがつまらなくなる、と嘆く人たちがいます。

 

そして、「ゲームは無駄だからつまらない」と言う人もいます。

 

ですが、ゲームは無駄ではないと思います。

 

問題は、ゲームを無駄だと感じる状況そのものなのです。

 

大人は子供に比べてやらなければいけないことが多いので、「ゲームなんかやってる場合じゃねぇ!」と思う機会が増えます。

 

しかし、やるべきことをきちんとやっていればゲームは昔と変わらず面白いはず。

 

私もゲームを純粋に楽しめるように、日々を頑張りたいと思います。

 

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました