金曜日の夜が嬉しい、会社員時代の自分が嫌でした

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

まだ会社員だった頃、金曜日の会社員が苦手でした。

金曜日の会社員って、だいたいテンション高いですよね。ですから、こちらが不利な交渉ごととかは金曜日にした方がうまくいくなんていう利点もありました。

しかし、金曜日にウキウキしている人や、そしてなによりテンションが爆上がりしている自分がとても嫌でした。

スポンサードリンク

金曜日はなぜ嬉しいか

他の曜日に対して、金曜日にテンションが高いということは、つまり「明日休みだヒャッホーーイ!」という状態だということですよね。

休みは確かに嬉しいです。

私も会社員時代、金曜日は大好きで、

「えっ!? 明日朝早く起きなくていいのか!?」

「夜更かしも、いいぞ」

という状態だったので、テンション上がりまくりでDVDを借りまくってみたり、普段お腹壊すから控えている食べ物なんかを爆食いしていたりました。

なにより嬉しかったのが通勤電車に乗らなくて良いということでしたね。わたしにとってあれは苦行でしかなかったので。

そんな感じでしたが、一方で「金曜日の会社って嫌だな」と思っていました。

それってつまり仕事(会社)が嫌ってことだよね

休みが嬉しいということは、仕事が嫌いということだと思います。

仕事自体は嫌じゃないけど、会社に行くのが嫌、という場合もあるかもしれませんね。

ですから、「金曜日に楽しい=会社が嫌」ということだと思っていました。

今は、もちろん休み自体は嬉しいはずなのですが、金曜日に特別楽しい気持ちになることはありません。

そして、月曜日に嫌な気持ちになることもありません。

「また一週間が始まるかー。よーし」

くらいのテンションです。

仕事が楽しみな場合は「月曜日だ! よし!」ってなるのだと思いますが、そこまでは到達できていません。

ですから「金曜日だうぉおおおおーー!!」ってなっている会社員の人を見ると「あぁ、仕事と会社が嫌なのだろうな」と感じてしまい、苦手でした。

もちろん自分も同じだったので、その頃から会社員という働き方に疑問を持っていたのかもしれません。

まとめ

金曜日は嬉しいですよね! 会社員をやっていて一番幸せな時だったかも。

でも、金曜日が楽しみということが、つまり仕事が嫌だということに他ならないよなと、いつも思っていました。

今は金曜日に強い思い入れはありません。

むしろ「あぁ〜二人分の料理作るの面倒臭いなー」と感じているくらいです。

月曜日楽しみ! という状態にまで持っていきたいと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。