webライターが自分の職業を説明するときに使える便利なフレーズ

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

昨日、妻からクレームが入りました。

「友達の結婚式に行ってきたんだけど、あなたの職業を説明するのが難しい」

とのこと。

なるほど、百理あります。

「クラウドソーシングをねー、使って、ライターをしているんだよ」

と言ってみましたが「分かりづらい!」と一蹴されてしまいました。

「どんな記事を書いているの?」

と言われても、今は色々雑多に書いているし、なんだか要領をえない。

そうやって話をしていく中で

「あー、それいいね」

と言われるフレーズが見つかりました。

スポンサードリンク

webライターという未知の職業

今の私の職業を正確に伝えるのであれば

「クラウドソーシングを中心に仕事を受注しているwebライター」

ということになるのですが、世間一般には「クラウドソーシング」も「webライター」もよくわからないらしい。

妻いわく

「普通、フリーライターって言ったら自分で雑誌社とかに売り込みにいって、自分でカメラ持って取材に行って、書いた記事が雑誌に載るとか、そんな感じなんだよ。だから、どの雑誌に載っているの? とかも聞かれる」

とのこと。うーむ、なるほど。なんとなく違う。そういう仕事をする可能性もあるけど、今はなんとなく違う。

webライターを説明するために便利なフレーズ

さて、そんな感じで妻とやりとりすること数分、「あっそれならわかるかも」と言われたフレーズがありました。

それは

「webの○○とは? っていう記事とかを書いているコラムライター」

というもの。

どうも、「コラムライター」というのがしっくり来たらしい。

まぁ正確に言うと「コラムライター」というのもwebライターとかの中の一種、のような気がしなくもないけど、それで伝わるらしい。

今、自分の周りにはフリーでweb、特にクラウドソーシングを中心に活動している方がたくさんいるから、自分では自分の職業をきちんとわかっています。

ですが、webやクラウドソーシングにあまり馴染みがない人にその職業を説明するのは、かなり難しいと知ったのでした。

まとめ

「クラウドソーシングを中心に活動しているwebライターです」

というのは、予想以上に説明が難しいものでした。

言われてみれば、世間一般には謎の職業です。

そこで、

「webのコラムを中心に書いているコラムライターだよ」

と言ってみたところ、どうもしっくり来たらしい。

あとは、自分の得意とするジャンルを教えてあげると、一応は伝わるらしい。

なるほどなぁと勉強になった出来事でした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。