スケジュールを詰め込むことのメリット、デメリット

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

実は明日からの一週間、かなりスケジュールが詰まってしまっています。

1日単位で必ず仕上げなくてはならない仕事があり、なにかアクシデントがあったらかなり夜遅くまで仕事をしなければ間に合わないのではないか? というようなそんな状況になっています。

私の場合、基本的にはスケジュールに余裕を持たせるようにしているのですが、たまにこんな感じでスケジュールが詰まってしまいます。

このようにスケジュールが詰まってしまうことのメリットとデメリットについて書いてみようと思います。

スポンサードリンク

メリット

ではまずメリットからです。

・サボラらなくなる

まずはこれですね。

スケジュールを詰め込むと、サボらなくなります。なにしろ、サボってしまうと仕事が終わらなくなるので、サボろうと思ってもサボれないのです。

スケジュールにかなり余裕を持たせるとどうしてもサボってしまうので、メリットの一つと言って良いでしょう。

・お金が稼げる

当たり前の話ですが、仕事のスケジュールを詰め込むということはそれだけ仕事の量が多いということで、その分お金が稼げます。

ですから、もしかしたら常にスケジュールをギッチギチに詰めているという方は多いかもしれません。

かくいう私も今月は頑張りたいなぁ〜と感じたがゆえにスケジュールを詰め込んだのでした。

デメリット

では、反対にデメリットです。

・ストレスを感じる

私の場合、スケジュールに余白がないとストレスを感じます。

充実感を感じる一方で、やはり「何かあったらどうしよう」という不安が払拭できないため、ストレスを感じるのです。

これはもしかしたら人によって違うかもしれませんね。私はストレスを感じてしまいます。

・急な依頼に対応できない

例えば、いつもよくしていただいているクライアントさんから急ぎの仕事を頼まれたとしても対応できなくなってしまいます。

また、予想外の修正依頼をもらってしまった時も、対応が難しくなります。難しくなる、といっても修正依頼については対応せざるをえないので、睡眠やプライベートを削って対応せざるをえなくなります。

・仕事のクオリティが下がる可能性がある

スケジュールを詰め込んでいると、なにか不測の事態が起こった場合それだけ更にスケジュールが切迫することになる。

そして、もう睡眠時間を削ってもプライベートを削ってもどうにもならん! となってしまった場合、仕事のクオリティが下がってしまう可能性があります。

今のところそういった状況になったことはありませんが、プロとして仕事をする上であってはならないことだと思うので、これは最大のデメリットと言えるかもしれません。

まとめ

私は個人的にスケジュールを詰め込むのが好きではありません。

それは、学生の頃遊びの予定を入れる時でさえそうだったので、性格の問題なのかもしれません。

おそらく、スケジュールを詰め込むとストレスを感じやすくなるというところが一番大きいと思うのですが、よく考えてみればメリットとデメリットはこんな感じになるのかなぁ、という感じでした。

なにしろ、とりあえず今週は頑張ります。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。