ランサーズのメッセージやTwitterのDMはテキストで下書きをしています

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

ランサーズのメッセージ機能やTwitterのダイレクトメールを送る場合、わざわざテキストエディタを開いて下書きしてから送ることにしています。

両方使っている人はすぐにピンときたかもしれませんが、その理由を書いてみます。

スポンサードリンク

誤送信が怖い

ランサーズのメッセージ機能やTwitterのダイレクトメールには下書き機能がついていません。

ですから、書いている途中でも、誤って「送信ボタン」を押してしまったり、Enterを二回押してしまったりすると作成途中の文面が送信されてしまいます。

そうした誤送信がとても怖いので下書きを書いています。

相手に失礼のないように

私は一度、ランサーズのメッセージ機能で名前を間違えて書いたまま送信してしまったことがあります。

もちろん、すぐに謝罪のメッセージを書きましたがやられた方は多少不愉快だったと思います。

その方はもう何回も取引をしている方だったので問題ありませんでしたが、初めて一緒にお仕事をする方だった場合、心象が悪くなってしまう可能性があります。

TwitterのDMもそうです。

私はあまりDM機能を使いませんが、プライベートな話をする際にDM機能は便利ですよね。そうしたクローズドな場所だからこそ、細心の注意を払うために下書きをしています。

LINEも実は怖い

実は、LINEも恐れています。

LINEって、文字を打って送信を押すとすぐ送信されてしまいますよね。

しかも、一度誤送信してしまったメッセージを消すこともできない。

ですからLINEも下書きをしたいのですが、さすがにそれは毎回やっていられないのでおっかなびっくり送信しています。

もし今後LINEで仕事のやり取りをすることがあったら気をつけようと思います。

まとめ

「送信」ボタンを押すと一瞬で送信されるスタイルのシステムが苦手です。

なんていうかこう、ビビリなんですよね。

ワンクッションおきたいというか。

そんなわけで今日もテキストエディタは常時起動で仕事をしようと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。